人気ブログランキング |

ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:装甲騎兵ボトムズ( 184 )


2019年 03月 30日

ベルゼルガWP完成

ということで2ヶ月に渡り作ってきたWPが完成しました。多分コレが平成で最後の
完成品となるでしょう。いやー3月中で完成してよがったよがった。
完成に至るまでにいろいろとアドバイス頂きましたタイタンの中務氏、キャプテン
ジャクソンことないたん氏にこの場を借りて御礼申し上げます。あざっした!

e0006976_10185608.jpg

e0006976_10191761.jpg

e0006976_10193350.jpg

e0006976_10200419.jpg

e0006976_10203242.jpg

尚、現在開催中の第2回の秋葉原イエサブボトムズコンペに参戦中であります。
よろしかったら見たってね~。

e0006976_10335117.jpeg




by mapsmaps | 2019-03-30 10:31 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 30日

ベルゼルガWP、今度はベースを作るよ

去年のボトムズコンテストの結果を見て思ったこと。最優秀賞に輝いた作品の所感コメントに
「ベースも完璧」とあった。これが何を意味するのか?このようなオープンコンペは作品の
見せ方が重要、例え本体の出来が素晴らしくてもその魅力を十二分に発揮できる舞台、つまり
ベースの在り方が重要と考えた。そこで今回は真面目にベースを作ってみることにする。

今回用意したのは昨年末のAKガーデンで購入したジオラマブレイカーさんのベース。本来は
1/12位の大きさのフィギュアの展示台に使われるものだが、世界観が合えば12センチ級のメカ
にも使えそう。特に今回は「クメンっぽい」ベースの作成ということで使ってみることにした。
参考にしたのは情景師荒木氏や荒川氏のディオラマ作例。

e0006976_09393365.jpeg

材質は特殊プラスティック製でかなりの重量、デフォの状態では新品の石垣って感じなので

e0006976_09395124.jpeg

クレオスのウェザリングペーストやウェザリングカラーを用いて退色や泥、土の表現をする。

e0006976_09400762.jpeg

そこへ鉄道模型やディオラマ用のシーナリーパウダーを木工ボンドの水溶液で固定していく
その際気を付けたいのはパウダーを単色で使うと単調になってしまうので二色以上のパウダーを
ブレンドして使うこと。

e0006976_09402944.jpeg

e0006976_09404519.jpeg

こんな感じで苔蒸したような感じを表現。

e0006976_09410329.jpeg

次は同じくディオラマ素材の木の根っこを這わす。

e0006976_09412353.jpeg

そして最後にディオラマ素材のツタやシダの葉っぱを貼り付ける。

e0006976_09415626.jpeg

ベルゼルガ置いてみる。クメンっぽくなったであろうか。

e0006976_09421670.jpeg

最後に台座とネームプレート。台座はハンズで買った角材の端材、ネームプレートは事務用品コーナー
にある名札の裏のクリップを外してハイキューパーツのクリアデカールにタイトル印刷したものを
貼ってみた。ちょっとフォントに工夫したほうがよかったかな。

これにて全工程終了。


by mapsmaps | 2019-03-30 09:38 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 29日

ベルゼルガDT→WPに改造すんよ⑦

WAVEから発売のボトムズ汎用デカールが〆切に間に合ったので早速買ってくる。
事あることにWAVEにデカール出せ出せと口を酸っぱくして言って来た甲斐はあろうというもの。
言ってはみるもんだ。これでタカラの旧キットのデカールを恐る恐る使わないでも済む様になった。
いや、長生きはするものです。

e0006976_00472020.jpeg

デカール貼って乾燥後にガッサガサにツヤ消しをかける。

e0006976_00473930.jpeg

全体をドライブラシしながらトーンコントロールする。

e0006976_00481541.jpeg

e0006976_00483351.jpeg

まぁこんな感じになった。疲れたんで武装は後日。


by mapsmaps | 2019-03-29 00:46 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 26日

ベルゼルガDT→WPに改造すんよ⑥

工作が終わったのでサフを吹いて傷チェックした後に塗装開始。
ベルゼルガの基本色をどうするか?画稿やイラスト、他の立体物でも機体色の
紫色は赤味が強かったり青味が強かったりまちまち。今回は個人的な好み全開で
紺色に振ってみた。エングレービングの部分は金色の金属色。
e0006976_17190552.jpeg

エングレービング部のマスキングが超めんどくさいw

e0006976_17194335.jpeg

ちょっとはみ出してしまった部分は筆塗りでリタッチ。

e0006976_17205252.jpeg

そして発売されたばかりのボトムズデカールを貼る。

e0006976_17211045.jpeg





by mapsmaps | 2019-03-26 17:18 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 20日

ベルゼルガDT→WPに改造すんよ⑤

頭部はここまで作ったのだが何かコレジャナイ感が拭えない。ここで客観的感想を
求めファンタムのメンバーに聞いてみると
「バカボンのお巡りさんみたい」
「上下のカメラが離れすぎ」
「ターレットそのものが分厚すぎ」
「レンズが二つとも全体的に小さい」
「設定画を見るとカメラそのものはバイザーの中にめり込んでいるくらい薄い」
との意見を頂いた。キットパーツを切った貼ったすることは敢えて避けていたが
そんなこと言ってられない。そこでカメラ部の再製作を敢行。旧キットから切り
出したカメラはバランス確認用のゲージとして再利用する。

e0006976_12475507.jpeg

これがバランス確認用に旧キットのカメラの径を限界まで大きくしたもの

e0006976_12481908.jpeg

カメラは径の異なるプラパイプを二本組み合わせ、バイザーには孔を開ける

e0006976_12491321.jpeg

プラパイプの間をエポパテで埋め成型。Rの付き方や厚さを調整。

e0006976_12493712.jpeg

合間にミッションパックにテキトーにディテ入れる。

e0006976_12500264.jpeg

捨てサフ吹いてバランス確認。ここで我慢ができなくなって手持ちのHアイズ
を入れてみる。まぁこんなとこか。

e0006976_12502846.jpeg


かなり良くなったと思う・・・・・・が実際どうなんだろう?
残り時間も少なくなってきたのでコレで行くことにする。


by mapsmaps | 2019-03-20 12:47 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 11日

ベルゼルガDT→WPに改造すんよ④

さて肉抜きだらけのスワンピークラッグ。そのままは論外として単にパテで
埋めるだけっつーのも芸が無い。そこでタカラのSAKを参考にモールドを
入れてみる。キットのカンジキの厚さは約3㍉、これを塞ぐプラ板の厚さ分
削りまくる。目安は1㍉、右側の足掛けのモールドが抜けないくらいギリギリ
まで削る。そこにプラストラクトの菱モールドのパターンシートとリブの部分
にプラ板を貼る。ステーの肉抜きはエポパテ充填。そして縁を左右合算で1.5㍉
位削って小型化。設定画と異なる点でカンジキの内側のステーのマウント基部が
出っ張っているので詰めてラインをゾロにする。

ここで基本工作終了かと思いきやまだまだ続くのであった。
e0006976_12532274.jpege0006976_12534629.jpege0006976_12542261.jpeg


by mapsmaps | 2019-03-11 12:52 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 04日

ベルゼルガDT→WPに改造すんよ③

いやー、発売日にキット買って速攻でビニール袋破ったのなんて何時以来だろう。
それだけダイビングビートルに対する期待は大きかった。
以前テストショットがイエサブで展示されていた頃に言われていたことであるが
ランナーにはベルゼルガWPの刻印が。つまりWAVEは遅かれ速かれWPを発売
するってことらしい。しかし今の商品展開のスピードから考えると早くても1年先か
もっと先になることは想像に難くない。なんせ金型が存在しているスコタコの腰部
のアームパンチのマガジンさえ出してくれないのだ。マガジンそのものは去年の
イエサブコンペの商品で貰ったキットに入っているが、あのランナーはRSCやTC
に是非同梱してもらいたいものである。
e0006976_18523219.jpeg

スワンピークラッグのカンジキの裏側、豪快に肉抜きされている。

e0006976_19080817.jpeg

早速ビートルの脚をパチ組みして組み込んでみる。???
なんか脚が細いような気がする。ネットでの評判を聞いてみると今回のビートルの
アレンジはかなり細身らしい。ま、スワンピーくっつけてしまえば気にならなく
なるんじゃね?ということで進めていくことにする。

e0006976_19085148.jpege0006976_19091861.jpege0006976_19094639.jpeg


by mapsmaps | 2019-03-04 19:03 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 04日

ベルゼルガDT→WPに改造すんよ②

DTとWPの最もイメージが異なる部分がターレットのレンズの形状。
とりあえず旧キットのバイザーからレンズを切り出して大きさを合わせてみた。
画像ではまだまだ大きく感じるので形状も含めまだまだ削り込みが足らない感じ。
さて脚がくっついたらどんな感じになるだろうか?ビートルの発売が待ち遠しい。

e0006976_18543361.jpeg


by mapsmaps | 2019-03-04 18:51 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2019年 03月 04日

ベルゼルガDT→WPに改造すんよ①

さて久々に製作記行きますよ。お題はWAVEのベルゼルガDTをWPにしちゃう件。
周知の通りベルゼルガDTとWPはボディや腕のデザインがほぼ同じで異なる点は
バイザーのレンズの形状、ミッションパックの一部、パイルバンカーの射出装置、
腰部のサイドアーマー、そして脚部。つまり脚とスワンピークラッグさえどーにか
すればDT→WPは小改造でなんとかなってしまう。問題の脚もこの冬WAVEから
新発売されるダイビングビートルの脚を使えば万事解決、ウェーーーイ!と誰もが
考えそうなことからスタート。画像の時点ではまだビートル発売前なので先に
上半身の改造から始めることにする。

まずはストレートにボディを組み、盾と腰部のサードアーマーはエングレービング
のディテがシャープなタカラの旧キットからまるっと流用。ただパイルバンカーの
槍が射出装置と一体成型なのでくり抜いて、槍は3㎜プラ棒から作った。一応射出可。

e0006976_18195042.jpege0006976_18201749.jpeg


by mapsmaps | 2019-03-04 18:18 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)
2018年 06月 10日

ブラッドサッカー完成

メインカメラはHアイズ、各所センサー類はキット付属のメタリックシールに
エナメルクリアを厚塗り。ケツアーマーにもセンサーらしきシールがあったが
あの場所にセンサーがある意味がまったくわからんのでオミット。
あとほんのりとウェザリングマスターのサビ色をまぶしておく。
e0006976_21260029.jpeg

e0006976_21261535.jpeg

e0006976_21263118.jpeg

e0006976_21265837.jpeg

e0006976_21271683.jpeg

e0006976_21273868.jpeg

e0006976_21280188.jpeg

e0006976_21281595.jpeg

とまぁ一応完成。そういえば立体物としてのブラッドサッカーを直に触るのは
実に初めてだったりする。触れば触るほどデザインがタコ系ATと全くかけ離れた
デザインラインであることに気づいたり、その後のストライクやラビが先祖帰り
したデザインなのは秘密結社がブラッドサッカー作るのに予算が掛かりすぎること
に気付いて、その後のAT開発は既存の09系の拡大版になったとか妄想してみたり。

さて次は何作ろうかねぇ~。

by mapsmaps | 2018-06-10 21:21 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(0)