ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 21日

B社スコープドッグその11

タカラタコの場合、ボディを詰めるとシートやら内部のメカパーツが干渉してエラいことに
なる故、コクピット省略というのが大半だった。今回のバンタコではボディ詰めはタカラタコ
程一般的な工作ではないのでコクピ省略せずに進める
e0006976_16152016.jpg

シートのベース部とシートのサイドのメカパーツが干渉するのでモールドがなくなるくらい
削る。その際は裏から瞬着で裏打ちしておくとよい。幅詰めしたボディと現物合わせしながら
調整する。頻繁にシートを脱着するのでボディ側の4本ダボはボディを貼り合わす前に短く
しておいたほうが、ボディにストレスをかけない(←実は忘れた)。バイクや車と同じで一度
切り離したフレームやモノコックは貼っただけでは元の強度は絶対出ないのだから。

んでシート合わせ。
e0006976_16234418.jpg
e0006976_16241220.jpg

なんとかシートが納まった。ちなみにノーマルボディと比較実測してみたら3ミリ縮まって
なかった・・・orz。2.5ミリくらい、3ミリ以上詰めるとシートの納め方はもうちっと考えなけ
ればなるまい。

PS. このボディ詰めの方法を編み出してくれたTYPE20氏に感謝!
    この方法の素晴らしいところはフレームのモールドを利用し切断して、
    再度貼り合わせた部分が非常に目立たないところにある。
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-21 16:27 | スコープドッグ


<< B社スコープドッグその12      B社スコープドッグその10 >>