ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 08日

それでは小物でも

って全然小物じゃないんだが・・・・

まずはバックパックから。例によってエポパテで裏打ち、気泡はアルテコで埋める。
フックらしいモールドがあるが、それは硬化後に切り落としてプラ棒で作り直すこと
にする。バーニアの付く球体のパーツもエポパテ充填。ノズルはコトブキヤか
ウェーブのバーニアパーツから持ってくる予定、丁度いい大きさがあればいいの
だが・・・。この部分はボールジョイント組み込んでぐりんぐりん動くようにしたい。

でソリッドシューター。銃口を開口し砲身の中に丸パイプを入れ、銃口をアルテコで
整形、チャンバー部および弾倉部を裏打ちをする。但し弾倉は馬鹿でかい上に2個
もあるのでエポパテを充填すると凄まじく重くなる。よって重量対策にプラ角パイプを
使う。銃身の上の取っ手(?)部もバリを取ると中身がモロ見えなのでプラ板&アル
テコで埋める。銃身とチャンバーは真鍮線で接続。問題はグリップが気泡だらけで
あまり使いたくない部品であること。ザクバズーカーからもってこようかしらん。
でもバズーカのグリップ微妙に薄いんだよな・・・・。
e0006976_0214385.jpg


ここまで進めて言うのもなんだがこのキット、裏打ちとの戦いのような気がする。
素組でも手を加えずに完成させることは難しい。できることなら他の製作者はどんな
感じで進めているのかを知りたいところだ。
[PR]

by mapsmaps | 2005-08-08 00:23 | Comments(2)
Commented by クーパパ at 2005-08-09 23:57 x
戦いという表現が似合ってきてますね^^
しかし、ブランクを感じさせませんね~
私も塗装が一区切り付きました。
いや、全然終わってはいないんですが(泣)
Commented by mapsmaps at 2005-08-10 12:59 x
ブランクよか視力が低下してるほうがかなり問題なんですが・・・orz
デザインナイフを走らせている時に目が霞んで、ズビビと切りすぎて
しまった時は、マジで歳喰ったと痛感しました。

あとは頭とバックパック、左腕、手持ち武器で大体終わりなんですが
ここへきて足のソフビの小口処理とか表面の荒れた部分が気になって
気になって・・・今月中にサフ吹きまでいけるか微妙です。

ブランクがあっても気力さえあればなんとかなるということを1mヤマトのおやぢ氏から教えてもらいました。要は手を動かそうとする気持ち次第
ですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 左うでの夢 第一楽章      昨日の続き >>