ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 24日

DFパープルベアその4

先週に続き脚回り~

太腿が若干太く感じられたため幅を詰めたら、面取りとかが狂っておかしくなったので
修正。その修正に1週間かかってしまった^^; 太腿さえ出来ればパーツ点数が少ない
こともあってサクサク進む。
e0006976_225939.jpg

e0006976_233639.jpg

ふくらはぎのアーマーがえらく小さいのでこりゃスコタコから流用かいなと
思ってたらふくらはぎの曲面とまーったく合わないので没。それにこのアーマーが小さい
おかげで可動範囲がかなり広いのであった。見てくれか可動かちと悩む。ATの膝の
可動範囲が小さいのはこのアーマーがあるためと言って過言で無い。しかし可動範囲
確保の為にこんな方法があるのかと目からウロコでもあった
e0006976_272457.jpg

ドッグ系でここまで腰を落せる可動範囲のキットって今まで無かった様な気がする。
上半身が乗ったときバク転しなきゃいいんだが・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2006-09-24 02:10 | 装甲騎兵ボトムズ | Comments(3)
Commented by BAHAMOUD at 2006-09-24 08:32 x
やっぱり 足から作ると 立たせながら作れるから モチベーションアップになりますね。
ふくらはぎのアーマーはめりこむとは、、、、
この太腿の分割方法も 作りやすそうでいいですね。
Commented by 飛雄 at 2006-09-24 08:38 x
ベアファイティングポーズがとれるってことですな(完成後のガレキを動かすのはコワイですが)。
タカラの名作キットと体格がマッチングしてるというのが意外でした。
Commented by mapsmaps at 2006-09-24 11:05
>BAHAMOUDさん
エクルビス随分進みましたね。元キットとは趣が随分変わった感じがします。完成が楽しみです。しかし右腕スクラッチとは・・・真似できね~~w

分割は良くも悪くもかなりクラシックなやり方ですね>DF
個人的には嫌いではないですが、完成後の重量は結構なモノになるので、足首、膝、股間接はかなりタイトにしてあります。

>飛雄さん
そーなんですよ、ファイティングポーズがとれるのですよ(笑)

これは昨日DIOさんから聞いたのですが「DF流のアレンジは腰を小さい」ということらしいです。確かに下の完成見本見ると腰がくびれてますね。タカラタコ改修の永遠のテーマである「ボディを何ミリ詰めるか」のDF流の回答がここらへんにあったりして、と深読みをしてみる。
名前
URL
削除用パスワード


<< DFパープルベアその5      DFパープルベアその3 >>