ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 19日

いきなりですが白バイ(笑)その②

この手のキットにはメッキパーツが付いてくる。この駄作キットもその例外ではない。
メッキパーツのメタリック感は塗装で表現するのは中々手がかかるのだが、金属は
鉄やアルミ、ステンレスといった材質によって同じ銀色でも全然違う。メッキは単一
的な光り方しかしないので、ここはヘッドライトの反射板を除いて全部メッキを剥がす
ことにする。
e0006976_19534732.jpg

やり方は古典的ではあるが費用対効果が抜群のキッチンハイター剥がし。
まずはメッキを剥がしたいパーツを容器に入れてキッチンハイターを2倍希釈した液
で満たし、1時間~2時間置くだけ。
e0006976_19561894.jpg

ほ~ら綺麗に剥がれたw
メッキパーツは美しい仕上がりではあるが、パーティングラインや合わせ目、ゲートの処理が
そのままではできない。それに最近は金属色を表現する様々な塗料も充実しているので
いろいろ試そうかと思う。
[PR]

by mapsmaps | 2015-09-19 19:59 | カー&バイク | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< いきなりですが白バイ(笑)その③      いきなりですが白バイ(笑)その① >>