ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 03日

あめあめふれふれ~もっとふれ~♪

っていつまでも降ってると先に進まないんだけど・・・・

ということで今週はあまり進んでない。サフすら吹けないんだから、この湿度。
しょーがないからやれることから進める。

腰部アーマーの裏打ち。HJ7月号の作例に則って、1枚のただの鉄板と解釈し
あえてディテールは追加せず。誰だ?手抜きって言ってる奴はw

ラウンドムーバーのノズル部。キットでは先端のノズルが一体成型なんだが、
当然の如く切り落として、別パーツのノズルに変更。

で、問題の前腕部。某チャットで私の師であるクー兄さんから指令が入る。
「前腕部の改修小型化&マッスルシリンダーの表現は絶対やんなさい」

ぐわ~~~!

ここは見て見ぬ振りをしようと思ってたとこなんだが・・・・
まず一体成型されているシリンダーのモールドをヤスリで削り落とす。
手を抜いてニッパーでやったら割れてしまったので、ジャンクパーツから
片腕分もってくる。こんだけ派手に削ったら当然強度が足らなくなるので肘の内側の
部分にプラ板貼っておく。

次にシリンダー。5ミリの真鍮パイプに4ミリのアルミ棒を差し込んで作る。
ノーマルややまとのスコタコを見ると片腕にシリンダーが2本あるっぽいので
計4本作る。真鍮パイプは硬かったぜ、コノヤロー。

で小型化なんだが、上腕は長さを詰めたけど太さは変えてない。
どうやって小型化しょうかと考えて、今回は姑息な手段を取らせてもらった
前腕部のテーパーが掛かった部分の角度を深くする、つまり削る。
両サイド削ったって1ミリが関の山だろう。次にアームパンチのスライドする
部分を前後で0.5ミリ、計1ミリくらい詰める。どれだけ小型化されたかはちと不明w

今週はここまで。

キリコ君はジャンクパーツの中から見つけました。17年前に作りかけた奴です。
e0006976_23463460.jpg
[PR]

by mapsmaps | 2005-07-03 23:47 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 全く進んでませんが      今週末も雨模様 >>