ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 25日

寒ザク

ザクⅡ寒冷地仕様、通称寒ザク
3年半の刻を経てやっとこさ完成しました。
e0006976_3462746.jpg

e0006976_3465259.jpg

HGUCのザクⅠをベースにザクⅡの意匠を貼り付けた所謂「岡プロの旧ザクニコイチ」
って奴です。殆どがイエサブで買ったバラ売りのパーツ郡で出来てます。
e0006976_3502994.jpg
e0006976_3505240.jpg

確かガルマザクとシャアザクと三連星旧ザクとザクⅠスナイパーとタダの旧ザクの
パーツをごちゃ混ぜにして使ってます。

エナメルを多用するワタクシはかねてからバンダイのプラの脆さに泣かされてきましたが
ガイアのエナメル溶剤がプラを侵し「にくい」と聞いて使ってみました

やっぱり割れました。スパイクアーマーと右足のスリッパがw
しかも塗装してデカール貼ってウェザリングして最後の組み立ての時に。
正直心が折れましたw
でも気を取り直して完成までもって行きました。俺偉いw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-05-25 03:58 | ガンプラ | Comments(0)
2014年 05月 07日

次回予告!

世間ではGWが終わってまた変わり映えの無い日常が再スタートしたわけであるが
何故かここでまた製作代行依頼が。
模型界の最底辺で蠢くワタクシのようなクソ虫に依頼して頂けるとはありがたいやら
なんとやらw
e0006976_21431848.jpg

お題はMGズゴックとハードグラフのコアファイター。
e0006976_21534614.jpg

箱を開けてみる。パーツ数の多さにいささかウンザリしてみるw
バンダイのキットは大概こんなもんなんだが、最近は小スケールばかりやってたんで
圧倒される。特にハードグラフは細かいモールドが凄い。
ズゴックも10年前のキットではあるが、形状的に弄るとこなど全く無いので
どないしよう~~、コアファイターに至っては単なる素組みになる予定。

絵面的には全く面白みが無いなぁ。さぁどないしようw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-05-07 22:38 | ガンプラ | Comments(0)
2014年 04月 16日

SPACE ADVENTURE COBRA

今は「COBRA THE SPACE PIRATE」らしいですが。
でコブラ、今回は特にジャンプで連載されていた「コブラ」について語るw
TV版のコブラ、「スペースコブラ」も少しだけw

「コブラ」は1980年代に週刊少年ジャンプで不定期連載されていた。
何故不定期かというと作者の寺沢武一が大変遅筆だったことと、当時の
西村ジャンプ編集長が原稿書き溜めシステムを構築したことにある。
とにかくコブラの連載が再開されるとオイラはwktkしたもんだ。

作画タッチはアメコミ調で当時としてはPOPで斬新でセクシーなお姉ちゃんが
出てきてアダルトな雰囲気を醸し出していた。
PC(Mac)を使った作画の先駆者であり、当時PCを使ったカラーページを描いて
いたのは記憶している限りでは寺沢武一と弓月光の二人だけである。

でTV版の「スペースコブラ」でコブラのCVを担当していたのは野沢那智だが
コブラのキャラが泥棒だけど基本善人、軽い、赤い、女好きとルパン三世と
キャラが被っていたため山田康男を推すファンも多かった。実際PCエンジン版
のゲームでは山田康男がCVを担当していた。
映画版でCVを担当していた松崎しげるはしっかり黒歴史扱いされているw



コブラに出てくるメカと言えばタートル号(TV版のタートル号はタートル号という
よりスネーク号、コブラだけにw)、原作版の立体物があるかと思いググって
みたら

見事に無い。あるのはDVD-BOXのおまけと思われるディスク収納BOXだけ。
原作版のしかも初期型を立体化している人は皆無なのか?

こうなったら造るしかない??????
e0006976_2261372.jpg
[PR]

# by mapsmaps | 2014-04-16 02:26 | 雑感、戯言 | Comments(0)
2014年 04月 05日

太陽の~~~牙ダ~~グラ~~~ム~~♪

ちょいとexciteがトラぶっていて更新に間が空いた。決してサボっていたわけでは
ないのだ、デロイヤの同胞よw
e0006976_2035028.jpg

最後にガイアのフラットクリアに少量のタンを混ぜてコート、仕上げにタミヤの
ウェザリングパステルを擦り付けて完成。
e0006976_20374666.jpg

e0006976_20384317.jpg

こんな感じでヴィネットに仕上げてみた。ベースの粘土が乾燥と共に収縮して
しまって浮いた感じになってしまったのは残念。
e0006976_20404430.jpg

e0006976_20412268.jpg

キーヴィジュアルの錆一色じゃなく今回は朽ちる前の状態にしてみたが
最終話のダグラムは爆破されたのでもっとダメージがあったかもしれない。
今回は1/72ということもあってダメージ表現は行わず塗装でのエイジング
表現に留めてみた。今回はオミットしたけど1/72のキャナリーのフィギュアを
置いて人物対比もやろうと思う。


e0006976_20485267.jpg

6月にはMAXファクトリーのダグラムシリーズの第二弾のソルティックH8
ラウンドフェイサーが発売されるので、そちらも是非作ってみたいと思った。
[PR]

# by mapsmaps | 2014-04-05 20:52 | ダグラム | Comments(2)
2014年 03月 23日

もう~~戻れない~~もう~~帰れない~~~♪

前回ベースの土台を情景用クレイで作ったのだが、硬化に伴う収縮で
本体がはまらなくなったので、100均の軽量紙粘土を使ってみた。が、
ちーとも硬化しやがらない。なんだかんだで硬化まで48時間かかって
しまった。
e0006976_138576.jpg

それと朽ちダグ画像をよく見るとリニアガンの方向が逆だったので修正。
ベースの塗装は溶きパテを塗った後サンドブラウン→バフ→ウェザリング
パステルで濃淡をつけてみた。

本体もパステルで汚しまくり。
e0006976_1424941.jpg

やりすぎた感もあるがががががw
そして本体を組み立て。
e0006976_1475039.jpg

e0006976_148736.jpg

この後最後の仕上げで完成する。
なんだかんだ言って歌が終わるまでに完成しそうでホッとしたw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-03-23 01:50 | ダグラム | Comments(2)
2014年 03月 11日

さらば~~優しき日々よ~~~♪

ちょいと前に大袈裟にも「MAPS塗り(笑)」などというテクニック?と言うか
表現方法を提唱したわけであるが、しつこくももう一回語ろうw
多分誰もまともに聞いちゃいないのでw

その前にMAX塗りというテクニックがあるのはこの手のヲタなら誰もが
知っているであろう。世間一般にはMAX渡辺が編み出した、のではなく
流行らした塗装方法である。
よくfgなどで見かける「MAX塗りしてみましたぁ、テヘペロ♪」というのは
黒立ち上げ法、下地色に隠蔽力の強い黒やグレーの暗色からエッジに
下地色を残しながら基本色をグラデーションをかけていく塗り方。古い
モデラーはバーリンデン塗りとか越智塗りとか言った方がピンと来るか。

その対極にあるのがMAPS塗り(笑)
やり方はMAX塗りのほぼ真逆。下地色に露出させたい色を塗り、基本色
に明るい色から暗い色を重ねていく。
そして塗り終わり乾燥してからスポンジヤスリでスクラッチしていく。
塗料はスクラッチすると擦過により明るく退色していく、これをリアルスクラッチ。
エッジなどは退色したことにより際立つ、これをリアルドライブラシ。そして
更にスクラッチを続けると下地色が露出する、これをリアルチッピング。
下地色や基本色の重ね方とスクラッチの仕方により様々な表現が出来る、
これがMAPS塗り(笑)。

まぁ塗ってないけどw
むしろ塗装を剥がしているんだけどw
e0006976_2056195.jpg

左はスクラッチ後、右はスクラッチ前。

e0006976_20562876.jpg

これがリアルドライブラシ&リアルチッピング(笑)

最近AFVの塗装テクでヘアスプレー塗装剥離法などが流行っているが、こちらは
塗装による退色表現ではなく、実際に塗装面を退色させてしまうやり方。

この方法が流行ったら、俺の名前がモデリングの歴史に残るかなぁwww
e0006976_2056491.jpg

[PR]

# by mapsmaps | 2014-03-11 20:58 | ダグラム | Comments(2)
2014年 03月 09日

目指せ~~遥かな地平~~~♪

本体の製作が一段落したところでヴィネット用のベースを用意してみる。
ベースになるのは百均のダイソーで売っている写真立て。このサイズ
10センチクラスのキャラモデルのダイオラマベースにちょうどいい大きさ。
しかもコストが安いw、コトブキヤのベースはいろいろ小物が付いている
ので¥1000との価格比較は一概には出来ないが全く何も無い状態なので
情景の自由度はこちらの方が上。今回は情景用クレイを使ったが、百均には
木粉粘土も¥100で売っているのでそれを使うのも手かと。
ベースに本体を置いて配置を決めたら、情景用クレイを敷き詰めて本体との
調整をする。今までの画像だと尻が浮いた状態だったが、スリッパをベースに
埋没させることにより「うずくまった」感が出るようになったと思う。
e0006976_11432213.jpg

e0006976_11442080.jpg

e0006976_11444442.jpg

さて塗装の方だがどうやってアプローチしよう←なにも考えていないw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-03-09 11:45 | ダグラム | Comments(2)
2014年 03月 07日

光の戦士~ダグラ~~ム♪

3月は本業の決算期で死ぬほど忙しかったりする。
キット発売から1ヶ月経ったこともあり雑誌作例でも朽ちダムを見ることが
できるようになった。流石プロの作例は素人とは一味違う。いろいろな事を
やってくれる。電ホ、モデグラと載ったので最後を飾るのは情景王ヤマタク
の朽ちダムかw
e0006976_22142636.jpg

赤いロールバー?(バンパー?)を付け、ターボザックの接続パイプを
モビルスプリングに交換、頭部のアンテナは0.5ミリ真鍮線から。
e0006976_22161778.jpg

そしてヴィネットのベースを用意してみた。
ベースは100均で売ってる写真立て。後ろのスタンドを外して裏板を木工ボンド
で固定。これに情景用の粘土を敷き詰めてみようと思う。
e0006976_22183076.jpg
[PR]

# by mapsmaps | 2014-03-07 22:18 | ダグラム | Comments(0)
2014年 02月 24日

己繋ぐ鎖断ち切り~、心縛る闇を切り裂く~~♪

そろそろ模型誌に朽ちダグ作例が載ってもいい頃だが今月は果たしてw

こっちの朽ちダグは
あっちこち干渉する部分を限界まで削り前回よりコンパクトに朽ちることが
できるようにしてみた。
e0006976_2248490.jpg

あんまり変わって見えないのは気のせいであるw
膝を限界まで曲げているので膝のポリキャップが丸見えになってしまう。エバグリ
のプラパイプを使ってカバーを作る、ついでに膝の裏側のディテを追加。
足首は中身が見えないようにプラ板でカバー、リニアガンは銃身がぶっといので
2ミリ丸棒に変更。ミサイルポッドは設定だと9連だが大河原イラストに倣い
7連に。このサイズで9連にするとプラ板が割れそうなので(汗)
e0006976_22533188.jpg
[PR]

# by mapsmaps | 2014-02-24 22:53 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 18日

心目覚め、翼広げ、旅立つ日~ダグラム~~♪

「手首はロボットの第二の顔である」
誰が言ったかこの言葉、実に含蓄がある言葉である。昔のロボットプラモは
握り拳に穴が開いたものだけだったが、平手を最初に付けたのはガンプラ
MSVだったか。最初に指をランナーで作ったりエポパテ彫刻をしたのは
How to build GUNDAMだったか。とにかくそれ以来手首の表情という
のはキャラモデルの重要なファクターであり、今現在では手首のみのアフター
パーツも数多く発売されている。

さて話を戻そう。
e0006976_1263497.jpg

前フリの話ではないが手首を付けてみた。俄然テンションが上がるw
手首はキットの平手の指を切り離し角度を変えて接着したもの。
ヤクト仕様ミサイルポッドはテキトーなプラパイプから。キャノピーは
キットの開状態のものを取り付け用ダボの角度を変えたものを使用。
e0006976_128426.jpg

前回の画像で気になったターボザックの取り付け位置の高さを15ミリ下げてみた
少しはコレジャナイ感が薄まったであろうかw

さてこれから下半身に戻って関節タイミングの調整やら細かいディテールアップかな。
ベースを用意してヴィネット仕上げもしなきゃならん。
果たしてタイトルの歌が終わるまでに出来上がるのだろうかw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-02-18 01:33 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 16日

いつの日かと~夢見てた~~♪

頭がでかいのは分かっていたのだが、肩アーマーやターボザックを
背負ったらバランス変わるかなと思って装着。
e0006976_18284618.jpg

e0006976_18291665.jpg


やっぱ頭がでかい。つーかコレジャナイ感が漂ってきたな(汗)
[PR]

# by mapsmaps | 2014-02-16 18:29 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 15日

いつの日かと~恐れていた~~♪

キットのままでは朽ちダグポーズを取らすことは出来ないのは分かりきって
いるので取りあえず干渉する部分を切り刻んでみる。
胴体は3ピース構成なので蛇腹モールドの入った腰部分を前屈するように
加工、パンツは太腿を逃がすため限界まで切り刻む。上半身の胸部装甲も
前屈するように加工。

足は脹脛の部分をカットし膝関節が逃げるようにする。太腿はパンツとの
兼ね合いで限界まで薄く小型化し、股関節の受けはテキトーなガンプラから
股関節軸は前方にオフセットした。
e0006976_22541995.jpg


頭部は無加工である程度俯くことが出来るので側頭部のダクト小型化 のみ加工。
腕はノーマルで肩関節の引き出し、上下のスイング、肘関節のガワラ肘とかなり
優秀なのでそのまま。
しかし・・・・・
頭がでかい!

これはあれなのか、あれなのか、禁断のあの手法を取らないといかんのかw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-02-15 22:58 | ダグラム | Comments(0)
2014年 02月 15日

Not even justice、I want to get truth!

つーことで唐突に「太陽の牙 ダグラム」です。
本編に関しては他の多くの方が語ってますのでここでは割愛します、つーか
語るほどダグラム知ってません(汗)
知ってるのは1話と最終話の例のアレ、そして主役機のダグラムが改めて画面に
出てくるまで8話くらいかかったことくらいですかw

そんな原作愛に乏しい私が今回いじくるのが昨今MAXファクトリー初のインジェクション
キットとして発売されました1/72ダグラムです。
ダグラムといえば番組放映当時にタカラ(現タカラトミー)がプラモを発売しとりまして
視聴率が好調だったせいか全コンバットアーマーはおろか輸送ヘリとか輸送用トレーラー
とかサブメカまでキット化するという快挙を成し遂げたコンテンツなのであります。
そのタカラのキットの人気は30年経った今でも衰えずオークションなどでも高値で
取引されてます。
そんなダグラムのキット、30年ぶりに完全新規でMAXファクトリーから発売されました。
これはお布施せずにいられましょうかw、とりあえずブロックヘッドまでは追いかけようかと
思ってます。

そしてダグラムのキーヴィジュアルとして誰もが思い浮かべるアレ
砂漠に佇む朽ちたダグラム、通称「朽ちダグ」。あれをやっちまおうかと。
e0006976_019740.jpge0006976_0192538.jpg


しかしながらこの画、2Dの嘘がてんこ盛り。到底ロボットには出来ないポーズを
取ってます。2Dの嘘を咀嚼しつつこのポーズを再現するか、古今東西のモデラー達が
この難題にチャレンジしてきました。遅れながらワタクシも新キットが出たこのタイミングで
チャレンジしようかと思います。
[PR]

# by mapsmaps | 2014-02-15 00:24 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 04日

続・退色表現について考えてみる

前回に続きイタレリのMBウィリスだが・・・
ここで退色表現の前に汚し塗装、つまりウェザリングについて個人的観点から
語ってみる。

ウェザリング、英語にするとWeathering。つまり天候による汚れ、雨だれ、埃、
スス、錆び、砂埃、泥はね等の塗装による絵画的表現のこと。
広義的意味ではスミイレ、ウォッシング、ドライブラシ、フィルタリングも
含まれる(と思う)。最初にこれを定義したのはS・ペインだかバーリンデン
だかは忘れた。大昔に見たバーリンデンの作品集に衝撃を覚えたことは覚えて
いる。
e0006976_23485142.jpg


自分は仕事柄、重機や建機、そして外部に面した鉄の扉等をよく見る機会が
多い。実際に動く機械の汚れ方、そして風雨に晒された金属の退色とか劣化
を見る。そこでなぜ退色するかの理由について考えると、まず紫外線による
塗装表面の劣化、擦過による退色及び塗装表面の欠落、そこから始まる酸化
などなど。ウェザリングの要素が塗装表面に乗っていくのとは逆に塗装その
ものが劣化していくのが退色の理由だと考える。

e0006976_23494639.jpg


ウェザリングが絵画的手法なら退色表現はなんとしよう?
なら実際と同じように塗装表面を劣化させてみてはどうかと思いついた。

んでMBで試したみた。やり方は簡単。
下地にオキサイドレッドサフ基本色にオリーブドラブを塗り、乾燥後
スポンジヤスリで塗装面を軽く擦ってみた。すると塗装面は白く劣化し
場合によっては下地の赤サフが露出する。これは幾つかの色を重ねると
その擦過具合でいろいろできるのではないかという考えに思いついた。
e0006976_23514781.jpg


エッジや突起物をスポンジヤスリで擦って明るくすることをリアルドライブラシ
更に擦って下地色を露出させることをリアルチッピングと勝手に名付けようw

そしてこのテクニックをMAPS塗りと提唱しようと思うwww(塗ってないじゃん)

※これは当然オリジナルのテクではありません、パクリですwww

http://pikachiu.txt-nifty.com/wotaku_life/uchg/index.html

ここ見て思いつきましたw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-02-04 00:08 | AFV | Comments(0)
2014年 01月 26日

模型特需

昨日久々にヨドバシアキバに行った。
知ってる人は知っているがヨドバシアキバの6Fは所謂「デパートの5F」状態で
ホビー、おもちゃに多くの売り場面積を割いている。その中で場所柄力が入り
まくっているのがプラモ、完成品TOY、フィギュア、ミニカーの売り場、通称
「オタコーナー」。専門店がひしめくアキバでもその品揃えの多さは随一、
専門店はヨドバシに無いor無かったものを買う場所になってしまった。
久々に行ったらそのオタコーナーの場所を移動し売り場面積を更に大きく
していた。

さて本題。
去年模型業界においてもっとも影響をもたらしたのは異説はあるだろうが
「ガールズ&パンツァー」だと思う。プラッツからコラボキットが出たり
タミヤの戦車プラモの売り上げが3倍になったりとか。
今年は断然「艦隊これくしょん」であろう。ヨドバシ行ってオタコーナーを
巡回したら普段人がまばらな艦船プラモコーナーにイパーーイ人がいて正直
びっくりした。これも艦これ効果なのか?新製品コーナーに積まれた空母赤城
のキットの箱絵には艦これ赤城おねーさんが描かれていたり、中身はWLの
キットなんだが。今年はハセガワやフジミ、タミヤあたりがその特需に
沸くのかもしれない。

陸海と躍進した中、空は?と思ったら思いつくものがない。強いて言うなら
「ストライクウイッチーズ」か?ウイッチが纏うストライカーユニットは
それぞれの国が誇る機体をモチーフにはしてはいるが正直よーわからん。
あれを実際の戦闘機にしたったらエアモデル特需があったのかもしれないと
妄想してみるw

これらのムーブメントのコンセプトはメカ+美少女
原点は大昔MGで(今でもやってるが)あさのまさひこ+明貴美加により展開
していたMS少女なのかなと思われるが、その更なる始祖はグフレディだと
大声で主張したいw

e0006976_11421420.jpg
[PR]

# by mapsmaps | 2014-01-26 11:43 | 雑感、戯言 | Comments(2)
2014年 01月 22日

退色表現について考えてみる

前回のPガンが殆ど汚し塗装を施さない仕上げ方をしたというから
ではないけど、汚れた人生を歩む俺としては

汚してぇ!エナメルでドバドバにウォッシングしてぇ!
ハルレッドで錆色に染めてぇ!、デッキタンでドライブラシしてぇ!
バフで埃まみれにしてぇ!

と思ってたので積んでいるテキトーなキットをサクッと塗ってみた。
生贄はイタレリの1/24ウィリスMB

これっていつぞやのWFでミツワの1/20と一緒に¥2000位で買った奴
長い間積みタワーの下の方にありいーかげん箱が潰れかけてきたので
ここらで成仏させることにする。

このキット1983年発売の古いキットだが今でも¥2500前後で新品が
買えるのねん。イタレリ侮りがたしw
e0006976_25651.jpg

内容は最近ガンプラばっか作っていたせいかすごく手ごわく感じる。
ダボ穴なし、ガイドなしなんて当たり前。説明書もいーかげん。
仮組み無しで組むと必ずどっかが失敗するw
e0006976_253968.jpg


現にシャシーとボディの組み合わせに失敗しボンネットとグリルの隙間が
空きすぎた。でもいいのだ、これは塗装の試しなのだから。

とここまで書いてタイトルと内容がすでにかけ離れたことに気づいた。

                        つづく(つづくんかい!)
[PR]

# by mapsmaps | 2014-01-22 02:05 | AFV | Comments(0)
2014年 01月 13日

コイツはパーフェクトだぜぇ!

ちゅーことで前回の中の人ガンダムに続きパーフェクトガンダムです。
世代的にはプラモ狂四郎直撃世代ではあるんですが、どちらかと
言うとHow to build GUNDAMに影響をモロ受けた方でして
プラモ狂四郎には「子供向け」という感覚しかなく、Pガンダムや
Pジオングは完全にゲテモノ、キワモノ扱いしかしてませんでした。

しかし実際に作ってみると
こりゃカコエエ!と評価が180度変わりましたw

e0006976_2352063.jpg

今回も製作代行ですが、一部製作者の勝手なイメージに合わせて
いいということでチョコチョコと手を入れてます。

アーマー接続はキットのハードポイントを廃しネオジム磁石接続
素ガンダムには5個、アーマー側に8個のネオジム磁石が埋めてあります。
e0006976_23114677.jpg

e0006976_23124176.jpg

10年近く前のキットであるため近年のMGの仕様から見ると構造も
ディテールもえらくあっさりしたもので逆にそれがよかったりもします。
e0006976_2316124.jpg

頭部後方のバックパックの接続部はまったくのツルペタだったので
昔懐かしの波佐本ディテール風の処理をしてます。つか波佐本ディテール
って知ってる人はかなりのオサーンですねw
この辺のパーツはWAVEやコトブキヤのパーツを適当に貼ってますが
昔はタミヤの1/35小火器セットだったんですよね。この辺りも時代の流れかとw
e0006976_2320029.jpg

e0006976_23202943.jpg

e0006976_23211570.jpg

中の人ガンダムはつや消しで仕上げましたが、外装はセミグロス仕上げ
にしました。デカール類はガンダムデカールからちょいちょいとチョイス
して貼ってあります。
e0006976_23241943.jpg

e0006976_23245926.jpg

e0006976_23232641.jpg

ここで気付きましたが、「ガンダム」という機体を作るのって・・・・
実は初めてだったんですよねw
[PR]

# by mapsmaps | 2014-01-13 23:27 | ガンプラ | Comments(0)
2014年 01月 10日

あけましておめでとうございます。

ってもう1月10日ですやんw

と言うわけで、トリコロールもおめでたいガンダムでございます。
e0006976_2291121.jpg

1/100MGガンダム、と言っても最新のver.3.0や2.0ではございませぬ。
パーフェクトガンダムの中の人ガンダムでございます。実はこれver.2.0
が出る以前は一番劇中のイメージに近いと言われたガンダムでこれ以前の
1.0や1.5、ver.KAやver.O.Y.Wが胸のダクト(黄色い部分)にフレームが
付いたタイプでフレーム無しはこれしかありませんでした。自分的には
フレーム有りはありえへんという想いがありましたんでMGではこれが
「ガンダム」や!と思ってますw

キットはちょいと古い構成でMGと言うよりちょいとデカいHGUCという
感じであっさりと組めます。
e0006976_2363756.jpg

e0006976_237119.jpg

e0006976_2373327.jpg

頭部は側頭部とマスクのスリットが抜けているという理由で,両拳はゴツくて5本指可動が
可能と言う理由でver.2.0から流用(ついでに武装も)してます。
ただ2.0の顔は優しい安彦顔なのでヘルメットの庇を3ミリ大型化して
人相を悪くしてます。後はパーフェクトの外装を固定する為のハードポイント
は全て埋めて、代わりにネオジム磁石が仕込んであります。
e0006976_2432588.jpg

デカールは2.0、3.0、KAのものをチョイスして使用。
KAのデカールがなかなか再販されないので入手するのにてこずってしまいましたw
パーフェクト状態はまた後日、それでは今年もよろしくです。
[PR]

# by mapsmaps | 2014-01-10 02:46 | ガンプラ | Comments(0)
2013年 10月 17日

思いつくままに

パチ組みしたモノや切り刻んだモノを久々にエアブラシを稼動させたこともあり
これを機に仕上げてみた。

ザクF2
e0006976_133865.jpg

e0006976_1332935.jpg

2013夏のWFで会場先行発売されたガイアのスコタコカラーの色味チェックのために塗装
したもの。濃い緑の部分は緑成分が足らなかった為。色を濃くしてある。そのままじゃ寂しいので
シュツを旧ザク、バズーカーを06R、ミサイルポッドを量産ザクからスワップした。
e0006976_1365566.jpg


ジムコマンド宇宙用
e0006976_2292420.jpg

e0006976_1394446.jpg

思いつきでちょいと発売から年月が経ったジムコマンドを最新の関節機構を持つスナイパーII
とミキシングしたモノ。はっきり言って地味です、小汚いです。どこを弄ったかわからないので途中
経過も貼っておこうw
e0006976_142339.jpg


旧ザク
e0006976_143487.jpg

e0006976_2234833.jpg

これまた思いつきでザクマリナーを旧ザクに切った貼ったしたもの。
ザクマリナーの脚部ハイドロユニットが着脱式だと聞いて楽勝だと思ったけど、実はフクラハギ側
が一体成型になっていて案外めんどくさい改造になったシロモノ。
バンダイは早よマインレイヤー出せや、コラ!との心の叫びが感じられるwww
アーケードゲーム「戦場の絆」で旧ザク・リアルカラーが実装されたのでナイスなタイミングという
ことでリアルカラーにしてみた。


e0006976_151145.jpg

e0006976_2265138.jpg

これも只の旧ザクと間違われるのがシャクなので途中経過を貼っておくw
e0006976_2272838.jpg


余談
旧ザクを立体系SNSのfgにアップしたところ何故かデイリー3位を獲得してしまい小躍りしてたところ
fgのサーバーが落ちて現在(10/16現在)は見られないのであった OTL
[PR]

# by mapsmaps | 2013-10-17 01:55 | ガンプラ | Comments(0)
2013年 09月 08日

うははは、また1年以上放置かよw

お久しぶりです、MAPSたんですw
またもや一年以上も放置してしまいました。
PCがクラッシュしてパスワードも画像データもみんな
失われてしまいましたが、なんとかやってます。

なんだかんだで新作が上がりましたのでアップしときます
ネタは1/100MGザクキャノン。
これは知り合いから製作代行依頼を受け製作したものです。

基本ノーマル組ですが、MG誌07年6月号の岡プロの
MGザクⅡver.2.0の記事を参考にしてます。
同様の記事がMG別冊の
「MGガンプラがもっと上手く作れるようになる本」
に載ってます。
e0006976_22524994.jpg


オーダーによりMSVカラー(戦場の絆カラー)で仕上げました。
基本色をマホガニーで立ち上げサンドイエロー、タンを重ねました。
暗色はオリーブドラブ+黒からオリーブドラブ、ダークグリーンにてグラデ。

e0006976_2228425.jpg

e0006976_22294036.jpg

e0006976_22335535.jpg


ウェザリングは毎度おなじみの「小汚い」仕上げですw
e0006976_22364247.jpg

e0006976_2237518.jpg

ザクバリエーションとしてフレームは共通、一部に素ザクの意匠が
残ってるのが実にかっこいいw

ガンプラのスチロール樹脂、ABS樹脂は非常に脆く
エナメル使うと破損必至、ZIPPOのオイルやペトロール使っても
割ったことがあるので、今回は安全策として水性のファレホを
消毒用エタノールで希釈したものを使いました。

e0006976_22413289.jpg

とは言うもの可動させると塗装剥げが怖いのであんまり
ポーズを取らせれなかったですわ

このキット、可動が素晴らしいと言われたザクver.2.0がベースとなってますが
大型化したせいか足首が殆ど動きません。ので接地性はよくないです。

しかしMGって塗装も組み立ても超めんどくせーですねwww
[PR]

# by mapsmaps | 2013-09-08 22:48 | ガンプラ | Comments(2)
2012年 06月 18日

デストロイドディフェンダー⑨

いろいろとツマラン事にクチバシを突っ込んで時間だけが経過してしまった。

いかんいかん。

ということで再開。

WAVEのディフェンダー

ぶっちゃけて上半身はそうやること無いですw

基本イマイと同様、ディテやモールドの浅い部分や気に入らん部分に

手を入れただけです。さっくりと組めます。

気になるのは股関節。

このサイズのモデルにしては貧弱なのでどーにかしようと思います。

e0006976_2291367.jpg


膝の蛇腹の見え方が気になります。デストロイドってもっと鳥脚気味じゃなかったっけ?

この辺は股関節のタイミング変更でなんとかなりそうかな

e0006976_2313872.jpg


カカトのモールドが浅く気に入らんのでダクトを作ってみたが失敗、これはリテイクだな。

カカトの中央のダクトはイマイ同様WAVEのダクトパーツから。

e0006976_2343577.jpg


中央のカメラはクリアパーツ一体成型になってたので、これまたイマイ同様作ってみた

カメラ横のモールドもしょうこりもなくスリット切って中にダクトパーツ。相変わらずあんまり

見えないので切ないw

両腕もアフターパーツでディテアップ

e0006976_2372968.jpg


e0006976_245308.jpg



んでイマイ版との比較

上半身はイマイに比べてWAVE版の方が一回り小さい

ガンプラにおいても旧キットは上半身が大きく下半身のボリュームが足りないんだが

昔は三面図から直接金型を起こしていたのが、現在ではCADデータや光造形でモックアップを作り

立体としての「見え方」を検討してから金型製作に入るというメーカーの企画での過程が複雑に

なったからであろう。
[PR]

# by mapsmaps | 2012-06-18 02:43 | デストロイド | Comments(0)
2012年 05月 26日

デストロイドディフェンダー⑧

何故かまだまだ続きます、ディフェンダー

お題はWAVEの1/72ディフェンダー

2011年に完全新規で発売されたWAVEのインジェクションキット

実に今風なプロポーション解釈とハイディテールなモールドで

案外こりゃスゴイキットなのかと思ったりwww

BOXアートはお馴染み天神氏

これがまたえらくカッコイイのであります。

それでは早速ランナーにニッパーを入れてみましたがががががが

最初に言っちゃいます。

WAVEというメーカーにしちゃスライド金型とかアンダーゲートとか

エラく金型にコストを掛けて、それがモロに価格に反映されたキットwwww

なんでもかんでもアンダーゲートにすりゃええってもんじゃねーだろ

必要な部分以外のアンダーゲートはハッキリ言ってウザいだけである、コストの無駄である。

それに今風の組みやすいキットかと言うと

変なトコに合わせ目処理が必要だったり、ボールジョイントが汎用性の無い8ミリだったり

正直なトコ

詰めが甘いとしか言いようが無いw

と悪口を散々言ったものの

出してくれただけでもありがたい・・・・・・んだろーなw

文句を言う前に作れってことだろう。

では足回りから

しかしこの成型色の黄色、眼に突き刺さりますwww

e0006976_3382993.jpg


まずはお約束のマルイチモールドをアフターパーツに置き換え

最新のインジェクションキットならこーゆートコももう少し考えて欲しい。

詰めが甘いと言うか何と言うか

つま先はそのままだと可動しないので可動軸を追加

詰めが(ry

e0006976_3431234.jpg


膝関節は挟み込みなので後ハメ加工、ジャバラのパーツはど真ん中に合わせ目がズビビと入る仕様

詰め(ry

e0006976_3465170.jpg


ジャバラのパーツは切り欠いて中にエポパテを充填しておく。

フクラハギは豪快に肉抜きされているので、これまたエポパテ充填。

e0006976_3484855.jpg


太腿の外装は後ハメするために切り欠きした。だってはまらないんだもんw
[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-26 03:49 | デストロイド | Comments(0)
2012年 05月 21日

金環日食

今更なネタではありますが

本日会社有休取って前日から神奈川の藤沢に泊り込んで

日食見るど~~~~っと意気込んでいたのですが

未明から雨・・・・神奈川と伊豆だけが雨

さすが俺様、持ってるぜ・・・・・・OTL

仕方ないからTVで観ました。

金環食は直に観ることはできなかったけど

雨が止んだ後半の部分食はなんとか観ることができました。

もう金環日食を生きて観る事はないかと思ってたけど

次の日本で観測できる金環日食は

2030年の6月1日の北海道

がんばって生きてみようかなw

しかし北海道のどこやねん!

e0006976_223559.jpg


e0006976_224309.jpg


e0006976_2244879.jpg


[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-21 22:05 | 雑感、戯言 | Comments(0)
2012年 05月 19日

デストロイドディフェンダー⑦

んでもって、塗装完了~~~~

超久々にエアブラシ引っ張り出してきたら、案の定ニードルが塗料カスで固着していたのは

お約束であるwww


e0006976_11285750.jpg


レシピはテキトーに

黒→ダークグレー→オリーブドラブ→デザートイエロー→タン

と黒立ち上げしてみたけど、最後のトップコートにラッカー系を使ったら

下地色まで溶けて染み出てしまった・・・・・

水性を使えばよかったんだろーけど、アレは妙に白化するからイヤなんだよな

次回はやり方考えようw

仕上げは相変わらず小汚いウェザリングで

今回はチッピングを行わず、スポンジヤスリでエッジを軽くなで下地色を露出さえてみたが

やり過ぎない限り、後から色を乗せるよりいい感じだと思う。

e0006976_11273629.jpg


設定画風立ちポーズ

e0006976_1128831.jpg


後ろ、カカトのディテは後でディテールアップ画稿見て慌てて追加しましたw

e0006976_11283058.jpg


俯瞰、相原コージじゃないけどこの角度が一番好きですねぇ

e0006976_11293181.jpg


砲身アップ、メインカメラ?とセンサーにはHアイズがしこんであります。

メインカメラ横の3本スリットはわざわざ開口して中にラジエター風のモールドパーツ入れているが

ほとんど見えなくて切ない。

e0006976_1130867.jpg


高荷画伯BOXアート風、これは是非やりたかったw

e0006976_1131098.jpg


同じく高荷画伯ファランクス風w

e0006976_11313848.jpg


天神画伯のWAVE版BOXアート風
[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-19 11:31 | デストロイド | Comments(4)
2012年 05月 19日

デストロイドディフェンダー⑥

サフ吹き完了~

しかし新fgってどーしてあーも使いにくそうなんだか

画面メモ機能・・・・便利だったのに

何故にあーゆー仕様にするかな、運営の頭疑うわw

プロの方や市井に埋もれた凄腕の作例を簡単に探せて、いいモチベアップになったのに

みんな逃げ出すのも分かるわ。

e0006976_11115240.jpg



e0006976_11122210.jpg



e0006976_11125163.jpg



e0006976_11132059.jpg



e0006976_11151883.jpg
[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-19 11:13 | デストロイド | Comments(0)
2012年 05月 18日

デストロイドディフェンダー⑤

シャープなモールドが売りのイマイのデストロイドだが、いかんせんいーかげんな
部分も多数あるわけで・・・・・

そーゆー部分を25年前は存在しなかったであろうアップデートパーツでディテールアップ
してやる。

汎用ポリキャップや関節パーツ、そしてモールドパーツ・・・・いやーいい時代になったもんだw

大昔は使いたいモールドを流用するためキットを丸一個潰してみたり・・・・・

そんなお大尽なことは当時はできるはずもなく、模型誌の作例を見るたびに

もったいないことしてんな~と思ったりしたけどね。

しかしよく考えてみると、アフターパーツの値段が軽くキットの値段を凌駕しているのであったwww

で工作完了であります。


e0006976_2203545.jpg



e0006976_2204917.jpg



e0006976_22169.jpg



e0006976_2212231.jpg



サフ吹き前なので加工位置丸見え

基本のパーツ形状は殆どそのままである。
[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-18 02:10 | デストロイド | Comments(0)
2012年 05月 14日

デストロイドディフェンダー④

上下にぶっ潰れの幼児体型は、元キットに腰と呼べる部位が無いことから起因

そこで腰パーツを追加して、体型を上下に伸ばす。

腰パーツは机に転がっていたムヒのフタやパイプのエンドキャップ。

それらをダイソーのおゆまるで複製して、必要な部位を切り取って使用する

e0006976_23595416.jpg



下半身の関節のタイミング変更や腰部の追加によって身長が伸びたので、両腕の砲身も7ミリほど

プラパイプで延長する。

e0006976_23445847.jpg



全体のバランスを見るため仮組み

e0006976_2346576.jpg


[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-14 23:47 | デストロイド | Comments(0)
2012年 05月 14日

デストロイドディフェンダー③

旧キット、モナカキットのアップデートの方法論はMG誌での岡プロ氏の記事が参考になる。

主に改修する点は

①足首
②股関節の位置変更
③上半身のボリュームダウン
④肩関節の位置変更
⑤頭部の関節位置の変更

だがディフェンダーには頭部が無いし、上半身を切り刻むとそれこそ収拾がつかなくなるので

下半身をメインに改修。
e0006976_23293256.jpg


パーツ構成はこんな感じ。股関節にバンダイスコタコのモノを流用

メカモールドが入っていてカコイイのであるw

組み終わった下半身に上半身を載せてみる

e0006976_23325682.jpg


まだまだ幼児体型だ。
[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-14 23:33 | デストロイド | Comments(0)
2012年 05月 14日

デストロイドディフェンダー②

アリイのキットがグダグダだったのとは正反対にイマイのキットはモールドがシャープで、当時一大ブーム

だったガンプラよりもずっとスケールモデル寄りで出来が良かった。

と思っていたのだが

やはり四半世紀前のプラモ

プロポーションは上半身が大きく全体に上下に潰れた感じがする。

それに当時はスライド金型なんて技術があったかどうかは知らないが、このキットに関しては

金型の分割に対し垂直方向のモールドやディテが豪快に省略されているw



テーマとしては

①ぶっ潰れたプロポーションをなんとかする
②省略されたディテ-ルを追加する
③関節等をポリキャップやアフターパーツ等でアップデートする
④最新キットであるWAVEのキットは流用しないw

ということで進めていく。

e0006976_23184178.jpg



所謂モナカキットなので既存の関節を切り飛ばして、新しく関節を新設するのは案外簡単である。
[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-14 23:20 | デストロイド | Comments(0)
2012年 05月 14日

デストロイドディフェンダー①

最初のお題はデストロイドwww

ATでもMSでもありませんw

しかも最新のキットで無く、バンダイ(旧イマイ)の再販モノであります。

ここで昔話

超時空要塞マクロスが最初に放送されていた時

当然アニメだからTOYやプラモのタイアップがあるわけなんですが

TOYを担当したのがタカトク、プラモを担当したのがイマイとアリイなんですね。

誰もが知ってることですがw

で、イマイとアリイが同一アイテムのスケール違いをそれぞれ担当することになったのですが

その仕分けがなんともはや

知っての通りトマホークやディフェンダー、ファランクス等のMBR-04系の機体は下半身が共通の

プラットホームで上半身を用途別に載せ換えるシステムなんですが

違うメーカーが同じスケールの同系機体を担当しちゃうことになり

まだ2つのメーカーが同じレベルであったり共通の金型を使用するならまだ救いもあったんですが

なんと言いますか

アリイがゴミ過ぎたwww

プレミアアイテムでもある1/5000マクロス強攻型、かつてあれを作りかけたことがあるんですが

1ミリ単位の段差は当たり前、すき間は出来るわプラは硬いわディテールは溶けたようなだわ

可動範囲は狭いわ、で放り投げてしまったことがあります

アレ、正直なとこ高荷画伯のBOXアート以外に価値はないですwww

まともに完成させた人は一人しか知りませんw

名作の誉れ高い非再販アイテムの1/5000マクロス要塞艦、そのフォーマットで何故強攻型を出さないか

マジでメーカーの担当者の頭を疑ったことがあります。

時は流れて四半世紀

バルキリーはハセガワから発売されるわ、やまとからTOYがわんさか出るわ、WAVEからデストロイドの

キットが出るわ、という今現在

万感の想いを込めて

四半世紀前にやれなかったことをすべく

ランナーにニッパーを入れてみました。
[PR]

# by mapsmaps | 2012-05-14 23:06 | デストロイド | Comments(0)