ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 24日

己繋ぐ鎖断ち切り~、心縛る闇を切り裂く~~♪

そろそろ模型誌に朽ちダグ作例が載ってもいい頃だが今月は果たしてw

こっちの朽ちダグは
あっちこち干渉する部分を限界まで削り前回よりコンパクトに朽ちることが
できるようにしてみた。
e0006976_2248490.jpg

あんまり変わって見えないのは気のせいであるw
膝を限界まで曲げているので膝のポリキャップが丸見えになってしまう。エバグリ
のプラパイプを使ってカバーを作る、ついでに膝の裏側のディテを追加。
足首は中身が見えないようにプラ板でカバー、リニアガンは銃身がぶっといので
2ミリ丸棒に変更。ミサイルポッドは設定だと9連だが大河原イラストに倣い
7連に。このサイズで9連にするとプラ板が割れそうなので(汗)
e0006976_22533188.jpg
[PR]

by mapsmaps | 2014-02-24 22:53 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 18日

心目覚め、翼広げ、旅立つ日~ダグラム~~♪

「手首はロボットの第二の顔である」
誰が言ったかこの言葉、実に含蓄がある言葉である。昔のロボットプラモは
握り拳に穴が開いたものだけだったが、平手を最初に付けたのはガンプラ
MSVだったか。最初に指をランナーで作ったりエポパテ彫刻をしたのは
How to build GUNDAMだったか。とにかくそれ以来手首の表情という
のはキャラモデルの重要なファクターであり、今現在では手首のみのアフター
パーツも数多く発売されている。

さて話を戻そう。
e0006976_1263497.jpg

前フリの話ではないが手首を付けてみた。俄然テンションが上がるw
手首はキットの平手の指を切り離し角度を変えて接着したもの。
ヤクト仕様ミサイルポッドはテキトーなプラパイプから。キャノピーは
キットの開状態のものを取り付け用ダボの角度を変えたものを使用。
e0006976_128426.jpg

前回の画像で気になったターボザックの取り付け位置の高さを15ミリ下げてみた
少しはコレジャナイ感が薄まったであろうかw

さてこれから下半身に戻って関節タイミングの調整やら細かいディテールアップかな。
ベースを用意してヴィネット仕上げもしなきゃならん。
果たしてタイトルの歌が終わるまでに出来上がるのだろうかw
[PR]

by mapsmaps | 2014-02-18 01:33 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 16日

いつの日かと~夢見てた~~♪

頭がでかいのは分かっていたのだが、肩アーマーやターボザックを
背負ったらバランス変わるかなと思って装着。
e0006976_18284618.jpg

e0006976_18291665.jpg


やっぱ頭がでかい。つーかコレジャナイ感が漂ってきたな(汗)
[PR]

by mapsmaps | 2014-02-16 18:29 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 15日

いつの日かと~恐れていた~~♪

キットのままでは朽ちダグポーズを取らすことは出来ないのは分かりきって
いるので取りあえず干渉する部分を切り刻んでみる。
胴体は3ピース構成なので蛇腹モールドの入った腰部分を前屈するように
加工、パンツは太腿を逃がすため限界まで切り刻む。上半身の胸部装甲も
前屈するように加工。

足は脹脛の部分をカットし膝関節が逃げるようにする。太腿はパンツとの
兼ね合いで限界まで薄く小型化し、股関節の受けはテキトーなガンプラから
股関節軸は前方にオフセットした。
e0006976_22541995.jpg


頭部は無加工である程度俯くことが出来るので側頭部のダクト小型化 のみ加工。
腕はノーマルで肩関節の引き出し、上下のスイング、肘関節のガワラ肘とかなり
優秀なのでそのまま。
しかし・・・・・
頭がでかい!

これはあれなのか、あれなのか、禁断のあの手法を取らないといかんのかw
[PR]

by mapsmaps | 2014-02-15 22:58 | ダグラム | Comments(0)
2014年 02月 15日

Not even justice、I want to get truth!

つーことで唐突に「太陽の牙 ダグラム」です。
本編に関しては他の多くの方が語ってますのでここでは割愛します、つーか
語るほどダグラム知ってません(汗)
知ってるのは1話と最終話の例のアレ、そして主役機のダグラムが改めて画面に
出てくるまで8話くらいかかったことくらいですかw

そんな原作愛に乏しい私が今回いじくるのが昨今MAXファクトリー初のインジェクション
キットとして発売されました1/72ダグラムです。
ダグラムといえば番組放映当時にタカラ(現タカラトミー)がプラモを発売しとりまして
視聴率が好調だったせいか全コンバットアーマーはおろか輸送ヘリとか輸送用トレーラー
とかサブメカまでキット化するという快挙を成し遂げたコンテンツなのであります。
そのタカラのキットの人気は30年経った今でも衰えずオークションなどでも高値で
取引されてます。
そんなダグラムのキット、30年ぶりに完全新規でMAXファクトリーから発売されました。
これはお布施せずにいられましょうかw、とりあえずブロックヘッドまでは追いかけようかと
思ってます。

そしてダグラムのキーヴィジュアルとして誰もが思い浮かべるアレ
砂漠に佇む朽ちたダグラム、通称「朽ちダグ」。あれをやっちまおうかと。
e0006976_019740.jpge0006976_0192538.jpg


しかしながらこの画、2Dの嘘がてんこ盛り。到底ロボットには出来ないポーズを
取ってます。2Dの嘘を咀嚼しつつこのポーズを再現するか、古今東西のモデラー達が
この難題にチャレンジしてきました。遅れながらワタクシも新キットが出たこのタイミングで
チャレンジしようかと思います。
[PR]

by mapsmaps | 2014-02-15 00:24 | ダグラム | Comments(2)
2014年 02月 04日

続・退色表現について考えてみる

前回に続きイタレリのMBウィリスだが・・・
ここで退色表現の前に汚し塗装、つまりウェザリングについて個人的観点から
語ってみる。

ウェザリング、英語にするとWeathering。つまり天候による汚れ、雨だれ、埃、
スス、錆び、砂埃、泥はね等の塗装による絵画的表現のこと。
広義的意味ではスミイレ、ウォッシング、ドライブラシ、フィルタリングも
含まれる(と思う)。最初にこれを定義したのはS・ペインだかバーリンデン
だかは忘れた。大昔に見たバーリンデンの作品集に衝撃を覚えたことは覚えて
いる。
e0006976_23485142.jpg


自分は仕事柄、重機や建機、そして外部に面した鉄の扉等をよく見る機会が
多い。実際に動く機械の汚れ方、そして風雨に晒された金属の退色とか劣化
を見る。そこでなぜ退色するかの理由について考えると、まず紫外線による
塗装表面の劣化、擦過による退色及び塗装表面の欠落、そこから始まる酸化
などなど。ウェザリングの要素が塗装表面に乗っていくのとは逆に塗装その
ものが劣化していくのが退色の理由だと考える。

e0006976_23494639.jpg


ウェザリングが絵画的手法なら退色表現はなんとしよう?
なら実際と同じように塗装表面を劣化させてみてはどうかと思いついた。

んでMBで試したみた。やり方は簡単。
下地にオキサイドレッドサフ基本色にオリーブドラブを塗り、乾燥後
スポンジヤスリで塗装面を軽く擦ってみた。すると塗装面は白く劣化し
場合によっては下地の赤サフが露出する。これは幾つかの色を重ねると
その擦過具合でいろいろできるのではないかという考えに思いついた。
e0006976_23514781.jpg


エッジや突起物をスポンジヤスリで擦って明るくすることをリアルドライブラシ
更に擦って下地色を露出させることをリアルチッピングと勝手に名付けようw

そしてこのテクニックをMAPS塗りと提唱しようと思うwww(塗ってないじゃん)

※これは当然オリジナルのテクではありません、パクリですwww

http://pikachiu.txt-nifty.com/wotaku_life/uchg/index.html

ここ見て思いつきましたw
[PR]

by mapsmaps | 2014-02-04 00:08 | AFV | Comments(0)