ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 17日

亀をいぢるよ・その4

胴体詰めたらやはりこーなるのは宿命か・・・・
最初はノーマルで行こうかと思ってたが、仮組みしてみたら・・・・太い!

つーことで腰部の板を三分割して幅を2ミリ詰め。それに合わせて後ろと前の腰ミノを
2ミリづつ詰めた。WAVEの腰ミノはそのままだとあまり小さくなった印象はないが、
詰めてみてやっと一回り小さくなった。設定画での印象はもっと小さいんだよね。それか
大胆に1/35の腰ミノを流用してもいいかもしれない。

後ろに転がってるのは流用予定のザクF2の股関節。この際だから徹底的ダイエット
してみるか・・・・
e0006976_2333317.jpg
[PR]

by mapsmaps | 2008-09-17 02:34 | スナッピングタートル | Comments(4)
2008年 09月 08日

亀をいぢるよ・その3

亀の如く進行がのろいです。まさしく「亀ののろい」なんちゃってwww
つかこのネタ知ってる人がどれだけいるんだか・・・・

タカラのボトムズキットでボディ詰めってのはもう定番中の定番で、スコタコなんか
何ミリ詰めがベストとかつー話は昔からあった。それに比べて亀のボディ詰めは
あまりメジャーでなく(キット自身レアアイテムだったせいもあるが)、行き当たりで
やってみたがこれが、まーなんとめんどくさいことめんどくさいこと。現在ではWAVE
からアップデートパーツが出てるので、それの使用に留めるのも一つの手かもしれない。

文句言ってても始まらないので、前回詰めたボディに合わせて色々なトコを詰める。
ボディ自身は2ミリ腰のジョイント部分で高さを増しておく。
e0006976_382086.jpg

後頭部のタンク?組み立て後真っ二つに切断して4ミリ詰める。その際ベルト状の
モールドがタルいので削り落とす。整形後にプラ板で復元。

背部のポリマーリンゲル液循環システム(だと思ってる)のモールドは中央で詰めると
とんでもないことになりそうなので、なるべくモールドを活かすために両端を切断。
ボディに貼り付けの後、両端をアルテコで整形。

腰部のスジボリが入ったパーツだが、夏のWFで見たタイタン製の亀の完成見本が
えらくカッチョ良かったのでそれを参考にする。幅の異なる1ミリのプラ板をそれぞれ
交互に接着しフィン状のパーツを作る。キットパーツを幅詰め後スジボリの部分をくり
ぬいて作ったフィンをはめ込む。後はアルテコで整形してちょいちょいと。1ミリはちと
厚かったか。0.8くらいだったらもーとシャープにできるかもしんない。
e0006976_3124927.jpg

え?コクピット?もちろんオミットの予定でございます(笑)
[PR]

by mapsmaps | 2008-09-08 03:13 | スナッピングタートル | Comments(4)