ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 28日

B社スコープドッグその13

カメラの固定用のパーツ発見!メデタシメデタシ

今月発売のデンホ、モデグラでほぼ全模型誌における改修作例が上がった。実に参考
になって悩ましいちゅーか真似したいちゅーか。またこれから先も素晴らしい作例が多数
出てくる筈なので楽しみである。

さてバンダイタコ、最初に触った時にある違和感が。永らく1/24タカラタコばっか見てた
せいもあるが、バンダイの独自解釈のディテールがどーにも気に入らない。どうしようも
無い部分や、まいーかみたいな部分は放置して、その他は埋めてしまう。

足首のパネルのモールドがウザイ

ので削ってしまおう。ついでに足首内の空いたスペースにエポキシパテを充填。これは
ポーズ付けした時の転等防止の重り代わり。本来なら釣りの鉛製の錘を使いたいとこで
あるが、上半身が軽いのでま、えーかw
e0006976_13525433.jpg
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-28 13:52 | スコープドッグ | Comments(4)
2007年 07月 23日

B社スコープドッグその12

いやー全英オープン面白いな~~、只今ガルシアvsハリントンのプレーオフ中~~。

とかよそ見しながら作業してたら、バイザー裏のカメラを止めるパーツがピンセットから
ぴょ~~~~んと飛んでいってしまった。しかもどこに飛んでいったかわから~~~ん。
見つからないので明日以降探そう、最悪自作だなー・・・・orz

ボディ詰めは外装パーツの詰めに入る。詰める箇所は腹部のハッチ部、腰パネル、背中
パネル、そしてメインハッチ。

背中パネル、腰パネルは三分割してそれぞれフレームに現物合わせしながら詰める。
腹部は中央で二分割、腹部ハッチは分割するとキッチリはまらないので(実際失敗して
一個パーツをパーにした)ヒンジの軸を一旦切り落してサイド部を削って詰める。ヒンジは
後で再接着するので捨てちゃイヤーン。

さて問題のコクピットのハッチ。バンタコのハッチのノブ(ハッチの右下にある四角モールド)
はタカラタコに比べ中央寄りなので分割せずにサイドを削ればいい感じになる。まずは
鉛筆で大体の削りシロを書いておいて80%くらい削り込む。あとはボディにはめながら
現物合わせで大きさを詰めていく。削りすぎたらプラ板の小片を貼って再度削る。
e0006976_3154672.jpg
ノーマルボディとの比較。たかが2.5ミリ、されど2.5ミリ。かなり幅が狭くなった様な
感じがする。
e0006976_318095.jpg
バイザーがデカいと思ってたが、バイザーのスリットを切り直さず、下端を削って
小型化しつつ、スリットが中央寄りになるようにしてみた。e0006976_3201678.jpg
俯瞰から。脳内イメージのスコタコにかなり近づいたと自画自賛w
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-23 03:21 | スコープドッグ | Comments(8)
2007年 07月 21日

B社スコープドッグその11

タカラタコの場合、ボディを詰めるとシートやら内部のメカパーツが干渉してエラいことに
なる故、コクピット省略というのが大半だった。今回のバンタコではボディ詰めはタカラタコ
程一般的な工作ではないのでコクピ省略せずに進める
e0006976_16152016.jpg

シートのベース部とシートのサイドのメカパーツが干渉するのでモールドがなくなるくらい
削る。その際は裏から瞬着で裏打ちしておくとよい。幅詰めしたボディと現物合わせしながら
調整する。頻繁にシートを脱着するのでボディ側の4本ダボはボディを貼り合わす前に短く
しておいたほうが、ボディにストレスをかけない(←実は忘れた)。バイクや車と同じで一度
切り離したフレームやモノコックは貼っただけでは元の強度は絶対出ないのだから。

んでシート合わせ。
e0006976_16234418.jpg
e0006976_16241220.jpg

なんとかシートが納まった。ちなみにノーマルボディと比較実測してみたら3ミリ縮まって
なかった・・・orz。2.5ミリくらい、3ミリ以上詰めるとシートの納め方はもうちっと考えなけ
ればなるまい。

PS. このボディ詰めの方法を編み出してくれたTYPE20氏に感謝!
    この方法の素晴らしいところはフレームのモールドを利用し切断して、
    再度貼り合わせた部分が非常に目立たないところにある。
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-21 16:27 | スコープドッグ | Comments(7)
2007年 07月 19日

B社スコープドッグその10

まぁなんだな、舌の根が乾かぬ内にというのはこういうコトを言うのだな。
つーことでボディ詰め敢行。

ボディの背骨にあたる部分(G24のパーツが差し込まれる部分)の両サイドから、でっぱり
をガイドにしてエッチングソーで丁寧に切り離す。床部はシートがはまるダボの外側の立上り
をガイドにして切断、前はセンターで二分割する。

三分割されたパーツは丁寧に切断面を整形し、ノギスで寸法を測りながら詰めてゆく。
おおよそ左右で1.5ミリの計3ミリの幅詰めをしてみた。

プラが結構柔らかいので切断自体は丁寧に行えば難しくはないのだが、これから背中の
パネル、腰の後ろパネル、腹部ハッチ、コクピットの調整、ハッチの幅詰めがあると思うと
あぁ!めんどくさっ!

e0006976_2431412.jpg

でももう戻れないのであった・・・・

後ろのは失敗した時に即時撤退するための・・・・もとい再チャレンジ用のスペアボディ。
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-19 02:45 | スコープドッグ | Comments(2)
2007年 07月 17日

B社スコープドッグその9

仮組したものを全バラしてみる。あらかじめダボ孔をピンバイスでほじったりダボ切ったり
してるのであっさりバラすことができた。それでもつま先のダボが固くて折ってしまったの
だが。

スネはHJの記事を参考に削る。ただ梨地が気に入らんのでスポンジペーパーでならして
みた。ホンマにバンダイはいらんことをする。

e0006976_1495496.jpg

あとはパーツごとの表面処理やらディテールアップやらやっていこうと思う。

某所でボディを3ミリ詰めた作例を見たのだがなかなかカッチョイイ。
ボディ詰め、やるややらざるか・・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-17 01:52 | スコープドッグ | Comments(2)
2007年 07月 16日

B社スコープドッグその8

台風が通過し、夜になってやっと湿気が抜けてきた。湿気が多いと体のあちこちが痛い
のよね。もうトシだし・・・・orz

長々といじってるバンタコ、やっと形になった。つーてもまだ色々やることがあるんだけど。
とりあえず全体はこんな感じ。
e0006976_124173.jpg

へビィマシンガンはショートバレルに改造。銃身は適当なプラパイプとキットから、銃口は
レジンブロックからの削り出し。バンダイもせっかくストックが外せるように設計してるん
だからショートバレルのパーツくらい付けておけばいいのに。こーゆートコが不親切つか
詰めが甘いつか。

BOXアート風のポーズも難なく取れる。
e0006976_1302752.jpg

ローラーダッシュのポーズも難な(ry
プラの軽さならではメリット。レジンキットなら自重でバク転すること必至。
e0006976_1313450.jpg

さて一通り遊んだら全バラしなきゃ、ああマンドクセ・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-16 01:32 | スコープドッグ | Comments(0)
2007年 07月 15日

B社スコープドッグその7

台風接近の影響で連休は雨模様。雨が降ると体調が悪くなってかなわん、早く晴れへん
かなぁ・・・。

続いてバンダイのスコタコ。殆どHJの野本作例のトレース。
前腕のモールドをパテ埋めし肘の装甲板のモールドを削り落とす。手首は中指から小指
までをエッチングソーで分割。肩のアーマーは小さい小さいと言われてたのでジャンク
パーツから波ラビのを引っ張ってきたが、流石に大きすぎだしノーマルのパーツでも気に
ならんといえば気にならんのでそのまま使う。但し変な梨地はいらんのでペーパーで
ならしてしまった。あとバイザーがなんとなく大きいようなので下端を1ミリ弱削ってみた。
e0006976_3183224.jpg
全体としてはこんな感じ。タカラタコとボークスタコの中間かなりボクス寄りか。
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-15 03:21 | スコープドッグ | Comments(2)
2007年 07月 11日

感謝!40000HIT

当blogを始めて2年が経過し、この度めでたく40000HITに到達致しました。

今年は年明け早々から製作ペースが上がらず、春先には2ヶ月にも及ぶブランクが
あったのに、こうして今も更新していられるのは、こんなしょうもないblogに足を運んで
いただいた最低野郎の皆様方のお陰であります。

二年前、やまとの1/12スコタコが発売されそしてWAVEのラビドリーのリリース発表があり、
そこから始まった空前のボトムズアイテムのリリースラッシュ。不遇の時代を支えてきた
WAVEを始めタカラトミー、やまと、CM`s、コトブキヤ、MAXファクトリーから数多くの製品
がリリースされました。そして今年になりとうとうと言うか待望のと言うかバンダイより20数年
振りの新規インジェクションキットが発売されました。

まさにこの二年はボトムズが雌伏の時を経てまさに復活を遂げる様をリアルタイムで感じる
ことができた二年でもありました。

一人の最低野郎としてこの時代に立ち会えたことに感慨を感じざるを得ないと同時に、この
先も微力ながらボトムズワールドが盛り上がるように頑張っていきたいと存じます。

最後まで読んでくれた貴兄らに感謝!
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-11 19:16 | 雑感、戯言 | Comments(2)
2007年 07月 09日

B社スコープドッグその6

ボディの次は腕部。バンダイのスコタコのプロポーションを変更するポイントその2の
「腕の位置を変更する」である。

基本的にはHJ8月号の野本タコの改修と全く同じ。
e0006976_3355031.jpg
上腕接続部にプラサボ4の4ミリジョイントを使い接続部を下げて、肩アーマーの取り付け部
のパーツを2.5ミリ削った。肩ブロックの内側にはプラ板の細切りでスペーサーをかまして
外部には同じくプラ板でフタをする。

全く同じコトをしているだけである(汗)

肩の接続軸には大量に余ってる関節技の中のBJを使用。多少の引き出し関節になるが
肩ブロックの二重関節のスライド幅が大きいため、あんまり意味が無い改造^^;

とりあえず降着ポーズで仮組。
e0006976_3394168.jpg

股関節を下げているので、腕が下がっても腕伸ばし降着ポーズが可能である。

あと頻繁に上半身と下半身をバラす人は腰の接続ポリキャップをナイフで切っておいた
方がいいかも知れない。意外とボディのフレームパーツにストレスが掛かっている為、
破損するかも。
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-09 03:41 | スコープドッグ | Comments(2)
2007年 07月 07日

B社スコープドッグその5

初回発売でかなりの数が売れたとみえるバンダイの1/20のスコタコ、完成させたモノの
かなりの数がwebでUPされている。こっちも頑張らなきゃ。

いろいろと完成画像を見てて気になったこと。

ボディのバンダイエッジ

こりゃなんとかならんのか。

つーことでボディのエッジを立ててみる。

e0006976_1955914.jpg


とりあえずエバーグリーンのプラ材をボディに接着。乾燥したトコで瞬着の低粘度を
隙間に流し込んでおき、あとはひたすらに削る。

ただ削りすぎると側面のパネルとかハッチのチリが合わなくなるので要注意。

e0006976_1984411.jpg


ある程度整形した段階で側面パネルをはめてチリ調整。
口で言うと簡単だが、かなりめんどくせー作業。効果も仕上げてみんとわからんし、
「バンダイエッジが死ぬほど嫌いじゃぁぁぁぁぁぁ!」以外の人はやらんでもええんでないw
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-07 19:11 | スコープドッグ | Comments(0)