ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 25日

ギルガメス軍次期主力M級AT開発計画スタート

新ネタとはアレである。WF2005年夏で入手したモグ工房のカラミティドッグ
ブルーバージョン・ゼルベリオスVR-マキシマである。新進気鋭のディーラーが
世に送り出したキット、非常に楽しみなガレキである。早速封を切ってパーツチェック
する。う、パーツが多い(汗)、だが抜きは綺麗で目立った気泡やバリは見当たら
ない。ボー○スのガレキより100倍バリが少ない、非常に組み易い印象を受ける
キットだ。
e0006976_14255783.jpg
とりあえず一晩キッチンハイターの溶液に漬け込み、中性洗剤で洗浄する。

以前幡池版のATはあんま好きではないと書いたが、あれは藤田版の間違い(汗)
同じ1/24のスコタコと比べながらいろいろやっていこうと思う。
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-25 14:32 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 09月 24日

青は藍より出でて藍より青し

e0006976_1645776.jpg
e0006976_1645463.jpg
一応これで全作業工程が終了したわけだが、課題も多く残った感がある。

・下半身のフレームが結果弱かった。
これはMGのフレームを過信して裏打ち等重量増しすぎた。仮組みもせんと始めて
しまったので、今後は少なくとも全体の重量を見越したフレームを考えないといけ
ないであろう。大体足首のWボールジョイントが持つわけないだろーが、あの重量。

・ソフビという材質に対する認識の甘さ
90年代の初頭に一世を風靡したソフトビニール。21世紀の今、ソフビのメカガレキ
というのは殆ど存在しない。それは材質の持つデメリットがメリットを越えられない
からであろう。一応変形に対する対抗策は講じたが果たして来年の夏はどーなる
か。あと塗装だが一応プライマー吹いてあるがこれまた経年変化にどれだけの
効果があるか未知数。

なにはともあれ17年振りに完成に漕ぎ着けた事を素直に喜ぼう。

これにて3ヶ月に渡り書き綴ってきた「ストライクドッグフルアクション化計画」
は今回で終了です。結果フルアクションとは名ばかりのとりあえずポーズが取れる
可動モデルになってしまいましたがいろいろ勉強になりました。応援して頂いた方、
ありがとうございました。

しばしの休みの後、次回からはアレをやります。そーです、アレです。
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-24 16:43 | ストライクドッグ | Comments(2)
2005年 09月 24日

フル装備状態にしてみた。

で完成したソリッドシューターを担がせてみる。むむむ!ソリッドシューターの
重量に負けて下半身が崩れてしまい自立せんではないか!それでもなんとか
バランスを探り自立させてみる。
e0006976_16152672.jpg
e0006976_1615374.jpg
つまり武器を担ぐと取れるポーズがかなーり制限されてしまう訳だ・・orz
行き当たりばったりモデリングの行く末はこうなるもんだ(汗)。大型モデルの
作成は仮組して各部品の強度及び重量をきちんと計算して進めましょう。
・・・・orz

[PR]

by mapsmaps | 2005-09-24 16:19 | ストライクドッグ | Comments(0)
2005年 09月 24日

これが武装現象だっ!!

最後のパート、ソリッドシューターの作成に入る。裏打ちは随分前に終わっている
ので、今回はフォアグリップと塗装だけ。

フォアグリップはキットパーツが気泡だらけで使いたくないのでプラ板積層。整形後
ウェーブのリベットパーツでグリップのネジを表現。しかしまぁなんと弾倉のでかい
ことよ。実物大にしたら衣装タンスくらいの大きさなのか。
e0006976_15511127.jpg

e0006976_15512688.jpg

塗装はMr.カラーのジャーマングレー、ブラック、ホワイトの混色。適当に
シャドーとグラデを付けてみた。こんなに馬鹿でかいのだから実際の重量は
どれくらいなんだと調べてみると

X・SAT-01 ソリッドシューター  
■全長(mm) 3908
■重量(kg) 981
■装備  対物感応センサー
■弾数  36発
■口径(mm)  50
(ウェーブATカラーマテリアルズより抜粋)

すいません、981㎏ってのが重いのか軽いのか想像できません(汗)。
しかしこの実物(模型の方)の重量が後にとんでもない事態を巻き起こすので
あった。
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-24 15:51 | ストライクドッグ | Comments(0)
2005年 09月 19日

でヨゴレ塗装をしたあとは

e0006976_10224329.jpg
もの見事に緑色がトンでますな(汗)。実物はもっと緑が濃いです。

ハルレッドで錆びそうな部分をドライブラシしたあと、ウェザリングパステルで
足回りをホコリっぽくしてみた。ATは間違ってもシルバーでドライブラシしちゃ
あかんね、ケースバイケースだけど・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-19 10:24 | スコープドッグⅡ | Comments(0)
2005年 09月 18日

ヨゴレ塗装は楽しいな

さてスコタコⅡである。最初は2本立て同時進行の予定だったがストライクに
予想以上に手間を食われ、2ヶ月放置してしまった。基本塗装までは仕上がって
いるのでヨゴレ塗装・・・もとい汚し塗装を派手にやってみる。

問題はこのスコタコ、タミヤスプレーで塗装してある。つまりエナメルでスミイレ
すると塗装が逝ってしまうのだ。なぜラッカー系であるタミヤスプレーがエナメル
の溶剤で逝ってしまうのか理由はわからんがタミヤさんも罪な事をしてくれる
もんよ。そこでファンタムクラブのスコタコ製作ガイドに書いてあったことを試す。

エナメルの溶剤の代わりにZIPPOのライターオイルを使うのだ。あらかじめ
オイルでタミヤスプレーの塗装が逝ってしまわないのを確認してしゃびしゃびに
オイルで薄めたブラックグリーン+フラットブラックを塗りまくって半渇きの時に
オイルを含ませた筆で洗い流す。このとき汚れの流れを考えながら筆の方向を
決める。

ライター用のオイルはエナメル溶剤と違ってプラスティックを侵さないという話
だったが・・・・・・割れまくりました(TT)。あとプラセメントで接着した部分、パーツが
ハズレまくりました(TT)。薄め方がまずかったのか塗料の溶剤成分が勝った
のか分からないが、この方法はこれから先も試行錯誤せねばならない。

割れたパーツはパーツ取り用のジャンクから流用。アーマーのヒンジが割れた
所は真鍮線でリペア。これだけで半日潰れる。スミイレ後はデカールを貼って
トップコートで定着させる。
e0006976_17413579.jpg
ここから更にヨゴレ塗装を施そうと思う(笑)

それにしてもスミイレした後のディテールの際立ち方。タカラのスコタコが傑作
キットという理由がここにある。とても20年前のキットとは思えない。ガレキも
いいが、インジェクションのタコもまだまだ捨てがたいと再認識した。
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-18 17:44 | スコープドッグⅡ | Comments(0)
2005年 09月 18日

一応本体はでけた。

昨日の続きの前に少し。
ストライクドッグやラビドリードッグ、ブラッドサッカーの脇腹のライトってなんで
付いているのであろう?クメンみたいにジャングル戦や夜戦があるような状況なら
ライトも必要だろうが、空間戦闘では不要ではないかと・・・などとどーでもいい事を
考えながら、ライトの製作に入る。

タコモデラーなら必ず使ったことのあるウェーブのZバーニア2のAパーツ。おそらく
誰もがバーニアとして使うことの無いパーツだと思うが、では残りのパーツは使う
機会があるのであろうか。どーせならAパーツを6個くらい一枚のランナーに付けて
発売して欲しいものだ>ウェーブ。

今回のライトの中身にZバーニアーのDパーツを使ってみた。このパーツ、どこが
バーニアなんだかよく分からんが、丁度いい大きさだったので使ってみる。シルバー
に塗ってライトのケースに収めた後、Hアイズの4ミリで蓋をする。Hアイズは接着剤
を使わずラッカー塗料のクリアをふちに塗って接着。これなら失敗した時のリペア
が大変楽である。頭部のバイザーの内側、レールから覗く部分をフラットブラックで
塗装。本来なら切り欠くべきなんだが面倒なのでパス。

このキット、デカールは付属してないのでコトブキヤのデカールAを使用。あんまり
デカール貼るとおもちゃっぽくなるので、腰アーマーとふくらはぎアーマー用のみ
使用。

全てのパーツを組み合わせて完成~~~~と思いきや

バキッ!

いや~な音がした。調べてみると股関節のポリキャップ受けが・・・・・
あわててゼリー状瞬着を充填。いやー焦ったぜ。
e0006976_1711916.jpg

となりはストライクの前に作っていたスコタコⅡ。並べてみると大人と子供。
てかストライク、オーバースケールじゃねーの?、と野本氏のHP見てみたらスコタコ
の身長はストライクの肩くらいまで。HJ7月号のラビの比較写真だと肩より若干低い
くらい。若干オーバースケール気味だが、ほぼ1/24でいいと思う。
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-18 17:13 | ストライクドッグ | Comments(0)
2005年 09月 17日

汚し塗装?汚い塗装?

今日は朝から晴天に恵まれた。早速先週の課題を片付ける。

塗装の剥げたトコをリタッチ、乾燥後にエナメル系塗料でウェザリング。
タミヤのエナメルのフラットアルミ、フラットブラックの混色を作り、いかにも汚れそうな
部分にドライブラシ。乾燥したら前の混色にハルレッドを加え今度は塗装が剥げて
サビが出そうな部分にドライブラシ。乾燥したら綿棒に溶剤をつけてボカす。

ウェザリングの心得として大昔の鉄道模型趣味という雑誌にこう記述がある。
「たとえ作り手が満足してても触りたくなくなるような汚しはマナー違反」だと。
早い話がウェザリングのやりすぎに注意ってことですな。ウェザリングは往々にして
やり過ぎる傾向にあるので、ほどほどにしてみた。

汚し塗装ってゆーか汚い塗装になってしまいました。
e0006976_11375874.jpg
画像で見るとそーでもないが実物はもっとバッちぃです(笑)。
イメージとしてはサンサ編でキリコにボコボコにやられ始めたころのストタコって
感じ(ということにしておこう)。
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-17 11:40 | ストライクドッグ | Comments(3)
2005年 09月 11日

そんでもって今日も雨かよ!

何故に週末になると雨降んねん!ホンマこの夏はおかしいわ。カラッとした日が
全然無い。いっつも曇ったような蒸し暑い天気が続く。マジでストレス溜まるわぁ。

衆院選の投票に行った後、除湿全開で塗装作業開始。昨日の画像を見ながら
やはり基本色が軽すぎると判断、ハイライトでなくシャドー中心に塗装してみた。

派手にグラデーションをかけてみました(笑)
「そらシャドーやろ!」とか「墨吹くな!」とかのツッコミは勘弁。
e0006976_22511655.jpg
その後タミヤのエナメルでスミイレしたのだが、なぜかラッカーで塗った
部分の塗装が剥がれてきた。なんでやーーーー!更に不注意から腹部のハッチの
手すりを折ってしまった・・・・・凹むなぁ・・・・・orz

さて剥がれた部分をどうやって誤魔化そう・・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-11 22:53 | ストライクドッグ | Comments(2)
2005年 09月 10日

週末はいつも雨・・・・

また雨降ってやがんの。

しょうがないから小物の塗装。とりあえずターレット塗って基本色を乗せた本体に
セットしてみた。
e0006976_17124277.jpg
実物はもっと青が濃いのだがデジカメに撮って見ると軽い青に映る。
もう一段ハイライト掛けるつもりだがどーしたものか。雨止まないかな・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2005-09-10 17:14 | ストライクドッグ | Comments(0)