カテゴリ:ゼルベリオス( 19 )


2005年 11月 06日

モグ工房 ゼルベリオス(最終章)

本日タココンペの追加登録をしました。
これにてモグ工房ゼルベリオスの製作記はひとまず終了です。
週末だけの製作時間で約1ヶ月というのはガレキとしてはかなり短い方だと
思います。それだけ組みやすいキットだということで。
前にもアナウンスしましたが冬のWFでこのキットが再販されるとのことです
ので、作ってみたい方は是非手に入れて作ってみてください。

e0006976_16414379.jpg
e0006976_16422085.jpg

e0006976_1642353.jpg
[PR]

by mapsmaps | 2005-11-06 16:44 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 11月 05日

モグ工房 ゼルベリオス(12)

さて最後の塗装、フェイスの仕上げである。
フィギュアは目が命!とクーパパ師匠もBOME御大も申してる通り、BOME氏が
そんなこと言ったかどうかは知らないが(無責任)、とにかく最後の仕上げである。

メインのセンサー部にエナメルのシルバーで下地を作ったあと、水性の蛍光
グリーンとクリアレッドを入れる。蛍光グリーンの部分は後からクリアグリーン
を入れたのだがこれが大失敗!乾燥後にコンパウンドと水で塗料を落とす
ハメになった。んで下地からやり直し、今度は蛍光グリーンの上澄みの部分
だけを使いシルバーの上に乗せる。当初はお手軽にラピーテープを使う予定
だったがあまりにもソリッドな表現になるので没。天気が良かったので自然光
による撮影をしてみる。

頭上の時計が邪魔(笑)
e0006976_1553043.jpg

この機体がドッグ系の正統進化だと説得力がある角度
e0006976_1554088.jpg

個人的にはこの角度が一番気に入ってる。
e0006976_15542947.jpg

パイルバンカー発射!
e0006976_1557513.jpg

デジカメが貸し出し中なのでケータイのカメラによる撮影。明日背景を作って
もう一回撮影する。頼むから快晴であって欲しい。
[PR]

by mapsmaps | 2005-11-05 15:59 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 11月 03日

モグ工房 ゼルベリオス(11)

塗装の続き~
最初は先週塗りあがった状態から、スミイレしてかる~~くウェザリングして
仕上げようかと思っていた、が、しかし!見てはイケないものを見てしまった。
そう、ファンタムの紅緒氏のゼルベリオス。見事な青のスプリッター塗装、
主役機が纏うにふさわしいカッコイイカラーリングだ。こう来られたらこっちは
全く正反対のアプローチをしてやる(笑)

汚しだウェザリングだドライブラシだ、地味に行ったるぜ!
おそらく全ATの中でテスタロッサに次いで汚しが似合わない機体ゼルベリオス。
そこを敢えて「ATは汚れてナンボよ!」とばかりウェザリングを施してやる。e0006976_2224277.jpg

e0006976_2224463.jpg

もともとのキットがシャープな造形のため、ドライブラシが決まる決まる。おかげで
少し汚しすぎたかもしれない(汗)
この後更にウェザリングパステルぶっ掛けて更に汚す予定。

ワシってヨゴレが似合う男よのぅ。
[PR]

by mapsmaps | 2005-11-03 22:26 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 11月 01日

閑話休題(汗)

カラミティドッグブルーバージョンは「青の騎士ベルゼルガ物語」上において3機
存在しその中の1機、ゼルベリオスと呼ばれる識別コードを持った戦闘用コンピュ
ーターを積んだ機体がミーマの手によりケイン・マグドガルに渡ったことになって
いる。では残りの2機はというとロリンザーとゾクサーネンが搭乗しており、
ストーリー上では語られなかったが「ゼルベリオス」以外の識別コードが付いて
いる(ハズ)。どんな名前が付いていたか非常に興味あるが、勝手に付ける訳に
いかないので名無しのままにしておこう(汗)
特にゾクサーネンの乗った機体は劇中でケインの片足を奪っており、悪魔的な
イメージさえ漂う。そーだ今作っている「ゼルベリオス」を勝手にゾクサーネン機
にしちゃえ~~。

なぜこんなしょーもない話をしているかというと、昨日某サイトにてファンタムクラブの
メンバーであられる紅緒氏のゼルベリオスを見る機会に恵まれたからである。
流石は長年ボトムズの模型に携わっておられる方である、その出来は素晴らしいの
一言。ここで画像を公開することは出来ないが、氏もタココンペにゼルベリオスで
エントリーするそうなのでいずれ見る機会が訪れることであろう。

で内心思ったこと。「同じカラーリングでなくてよかった・・・ほっ」
ある意味こちらのゼルベリオスはスタンダードな配色では無く、結構ハズしたっぽい
感じがあったので、氏がまさにお手本と言っても過言では無い作例を上げて
頂いた分、こっちも堂々とハズせるという訳である(ぉぃ)。

てめぇの作ったものは置いといて(汗)、このようなハイレベルな作例が集まる
コンペに参加できるのはある意味至極光栄なことだと思う。
[PR]

by mapsmaps | 2005-11-01 16:40 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 11月 01日

タココンペの締め切りは昨日でしたが

ファンタムクラブの管理人様のご厚意により、締め切り後の追加受付のお許しを
頂きました。この場を借りて御礼申し上げます、有難うございました。

締め切りが延びたとは言え残された時間は少ない。今宵もせっせとヨゴレ塗装に
いそしむのであった(汗)
[PR]

by mapsmaps | 2005-11-01 00:06 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 10月 30日

モグ工房 ゼルベリオス(10)

本来なら今日は神戸WHFにクーパパ師匠のお手伝いに行くはずだったが
健康上の理由でリタイア。次回のワンフェスに向けて健康には留意せねば
いかんなー。

昨日とはうって変わって快晴、絶好の塗装日和である。先週中途半端で
終わっていたゼルベリオスの塗装の続きに入る。
基本色は塗り終わっているので一段明度の高いミディアムブルーを塗って
みる。計算通りなら狙いに近い色が出るはずだ。
e0006976_22302474.jpg

HJの青騎士ⅡのMAXファクトリーのゼルベリオスも確かこんな感じだった
(と思う)。ボディの色が塗れたとこで小物塗装。
e0006976_22324792.jpg

バックパックには予備の弾倉を吊ってみた。

この後エナメルでスミイレしたあとウェザリングを掛けて、センサーにラピーテープ
を貼る予定。さぁタココンペに間に合うか!?
[PR]

by mapsmaps | 2005-10-30 22:34 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 10月 29日

10月最後の週末は雨でした。

つーことで塗装作業ができまへん。除湿しながらやる手もあるが慌てて
失敗するのが目に見えているのでお休みです。

ゼルのほうはゆっくり仕上げていこうかと思っております。
来年の2月にはHJのオラタコ選手権もあるのでそちら向けのネタも考えながら。

ファンタムクラブのタココンペに前作のストライクドッグでエントリーしました。
素人作品をレベルの高いコンペに出すのもなんですが・・・ま、参加することに
意義があるっつーことで。本当はゼルも出したかったんですが、塗装工程の
都合で見送りです。

最近のボトムズ模型シーンはかなり盛り上がっておりまして、タカラからは1/18
のミクロマンサイズのスコタコ、MAXファクトリーからは1/35?のPVCのアクション
フィギュア、来月末にはCMsからブルーナイトのベルゼルガが発売、更にWAVE
から長い間絶版だったスコタコのRSCとSTTCが再販と今から財布の中身が心配
になるようなラインナップであります。ボークスやコトブキヤも再販してくれー!

HJのオラタコはスタンダードにスコタコのカスタム機で行こうかと思います。
ガンダムと違って突出したエースパイロットの物語を持たないボトムズでは
ATは使い捨ての道具であり、スーパーマシンではなく只の量産機であり、そこが
また魅力的な要素であります。が一部のパイロットの自分勝手流カスタム機
が少数存在したつー脳内設定でやってみようかと思います。

ヒマなので久々にインジェクションでも弄ってみようかな・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2005-10-29 13:09 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 10月 27日

生兵法は怪我の元・・・・痛感

コメントで少しだけ触れたが、狙った色が出ていないので晒すのには抵抗が
あるが、あえて晒してみる。

塗料の混色ではイメージに近い色が出てはいるのだが、いざ塗ってみると・・・
予想より遥かに濃くでてしまう。恐らく原因は黒立ち上げにあるのであろうかと
思われる。溶剤による希釈で隠蔽力が弱まった塗料が下地色に明度を左右
されているわけだ。もっとも塗装におけるグラデーションはこの現象を利用して
いるのではあるが・・・

早い話が、俺って塗装が下手!ってことである(泣)

なにせもう一段、しかもかなり明るめの色にしないと狙った感じにはならない
であろう。めんどくさいぜ、黒立ち上げ。なんでもかんでも黒から立ち上げる
のも考え物である。

それから黒立ち上げ塗装法の代表格にMAX塗りがあるが、黒から順に明度を
上げて塗り重ねていく塗装法全てをMAX塗りというわけではない。古くはバー
リンデン塗りとか越智塗りとかMAX塗り以前からあるものなどはMAX塗りとは
厳密にはかなり違うので気をつけたいトコではある(汗)
ていうかMAX塗りって言葉が一人歩きしてる感じさえある。例えば
「MAX塗りしました(俺ってかっちょえー!)」みたいな(笑)
手間もテクニックも必要な塗装法なので極めた人はスゴいとは思うが。

塗装の歴史については模型研究室のHPにて解り易く記してあるのでそちらを
見て頂きたい。http://www.abysshr.com/mdklg018.html

e0006976_21515497.jpg
蛍光灯で無理矢理青味を飛ばしてみる(汗)シールドのシャド-は明らかに
やりすぎ・・・・・orz、これでは「墨吹き」だよ。
[PR]

by mapsmaps | 2005-10-27 16:15 | ゼルベリオス | Comments(0)
2005年 10月 22日

モグ工房 ゼルベリオス(9)

朝から天気がはっきりしないが、湿度は高くないので塗装を始める。
まずサフ吹きから。
e0006976_18462892.jpg

サフを掛けたことによってエッジが際立ち造形の確かさを再認識。
気泡が散見されるので埋めてから本塗装に入る。カラーリングは原色の青じゃなく
HJ青騎士ⅡのMAXファクトリーの作例に倣いブルーグレイでいこうと思う。
[PR]

by mapsmaps | 2005-10-22 17:29 | ゼルベリオス | Comments(2)
2005年 10月 22日

モグ工房 ゼルベリオス(8)

藤田版へビィマシンガンGAT-FX-04Rもどき
e0006976_012846.jpg
ホント雰囲気だけだね。色々な立体物を見たけどみんな解釈が異なるのであくま
でも「らしく」ってことで。テキトーに図面書いて寸法を起こし寸法取りの後プラ板を
切り出し、一番カッコよさげだったボークスのものを参考にスクラッチした。キットを
芯に銃口はザクF2のマシンガン,マガジンはスコタコのキットから。ミッションパック
のスペアマガジンはパラシュートザックから。マガジンの取手は真鍮線で作り直す。
最大の特徴の3本スリットはスジボリ失敗したので凸モールドにて(汗)。そうだ、
ワシはスジボリがへたくそなのだ(TT)。

これで小物も全部揃った。各パーツを真鍮線で補強し明日から塗装に入ろうと思う。
[PR]

by mapsmaps | 2005-10-22 00:10 | ゼルベリオス | Comments(0)