カテゴリ:AFV( 5 )


2015年 09月 03日

Ⅳ号戦車地獄編

前回のⅢ突に続いてⅣ号戦車についての備忘録。
つってもサイバーホビー/ドラゴンのスマキ限定だけどね。ドラゴンのスマキⅣ号は
安定供給されず以下に紹介するキットはいずれも再販待ち(しかも4~5年サイクル)
及び絶版。入手はオークションか中古屋の出物しかない。
現在(2015年9月現在)の中古並びにオークションでの相場も記しておく。
ただ再販が掛かると価格も変動するのであくまでも個人的主観による
ものと付け加えておく。

#6360 Ⅳ号戦車G(F2)型
e0006976_22231639.jpg

Ⅳ号スマキの始祖にしてマスターピース。すべてはこのキットから始まった。
相場¥5,500~6,500

#6363 Ⅳ号戦車G型 LAH師団ハリコフ1943
e0006976_2231275.jpg

プラッツのガルパンF2型のキットの中身がコレからマジックトラックやエッチングパーツを抜いたもの。
相場¥4,000~5,000
これは1個確保してあるけど、もう2箱くらい欲しいなぁ

#6300 Ⅳ号戦車H型後期生産型
e0006976_22373940.jpg

今年の春に再販が掛かったけど、しっかり買い逃したキット。再販版は履帯がDSトラック
だが、初版はマジックトラック付き。
相場¥5,000~6,500? 中古屋のレ〇ナルドで初版をいくつか発見しているが価格は
¥7,920 流石に高いわレオ〇ルドwww

#6594 Ⅳ号戦車G型初期生産型(1943年4月~5月)
e0006976_22443177.jpg

プラッツのガルパンH型の中身がコレ。F2型と同様にエッチングパーツを抜いてある。
このキットをあんこうH型のベースにしたせいでプラッツの評判はガタ落ちになったが、
それはプラッツのせいであってキットに非は全く無い。逆に市場に殆ど無いサイバーⅣ号
長砲身のキットを安価で市場にバラ撒いた功績は非常に大きいと思う。
相場¥5,000~6,500(プラッツGP04 ¥2,000~3,000)

#6526 Ⅳ号戦車H型中期生産型
e0006976_22565292.jpg

いままでタミヤのH型があんこう号に近いと言ってたけど、実はこのキットが最も近い。
タミヤと同じく「標準的なH型」を忠実に再現できるキット。プラッツもこのキットをベースに
公式キットをリリースすれば大絶賛されたのに、何故#6594にしたのか?マジでプラッツ
のセンスを疑う。キットの方は大絶賛絶版中でオクでもここ半年近く見たことない。
これは是非とも再販して頂きたい、つーか絶対しろ!
相場 ¥?????

#6560 Ⅳ号戦車H型後期生産型ツィメリット
e0006976_2353585.jpg

後期生産型のツィメリットコーティング版。わざわざパテでコーティングしなくても、
インジェクションパーツにモールディングしてある。今月(2015年9月)末に久々に
再販される。おかげでオクの相場が下がり傾向。割引率が高いネット通販なら買いか。
相場 ¥5,000~5,500 
再販価格 ¥5.800~8,000

#6611 Ⅳ号戦車H型中期生産型ツィメリット
e0006976_23115860.jpg

中期生産型のツィメリットコーティング版。後期の再販が決まったのならこっちも
さっさと再販を決めて欲しい。#6560の価格が下がり気味なのと反対にこちらの
価格は上昇中。
相場 ¥8,000~9,000

#6556 Ⅳ号戦車J型中期型
e0006976_23152071.jpg

ドラゴンⅣ号長砲身では割と不人気なのか?
相場 ¥4,500~6,000

#6575 Ⅳ号戦車J型最後期生産型
e0006976_23183486.jpg

トーマシュルツェン(金網シュルツェン)が特徴的な最後のⅣ号戦車
これまた長期絶版中で最も再販可能性が低いと思われ。
相場 ¥8500~9,000

#6540 Ⅳ号対空戦車ウィルベルベント
e0006976_23373230.jpg

おまけ。対空戦車ゆえの不人気さか、比較的安価で容易に入手できるキット。マジトラや
エッチング付き。この車台とガルパン公式のH型をニコイチすればパリッとしたあんこう号
ができるのではないかと妄想中。他にもブルムベアやラングとかのⅣ号系のキットもパーツ
単位なら流用しやすいが、これのコスパにはかなわない。ニコイチした残り部品で前期型
車台のウィルベルベントが出来てしまう(はず)。
相場 ¥3,000~4,000
中古価格 ¥3,800~

サイバーホビー/ドラゴンのキットは市場に残ってるうちに買うのが鉄則ではあるが
こうもⅣ号系が品薄なのはなんともはや。いっそのこと香港に買出しに行くかw
[PR]

by mapsmaps | 2015-09-03 23:35 | AFV | Comments(0)
2015年 09月 01日

Ⅲ突地獄編

いきなりであるがⅢ号突撃砲であーる。

ガルパンⅢ突というと練習試合のあのド派手なカラーリングとのぼりを思い浮かべるが
今回は全国大会仕様、プラウダ戦仕様についてのみ考察するw

ガルパンの戦車キットというとまず最初に思い浮かべるのがプラッツの公式キット
e0006976_2348567.jpg

何故かカエサル殿がでっかくのってるけど車長はエルヴィンでなかったかという
ツッコミはひとまず置いておいて。
今更ではあるけどこのキットの中身はグンゼの流れを汲むドラゴンの古いキット
今のドラゴンのキットがスマートキット(以下スマキ)としてリニューアルされている中
それに比べるとかなーり古臭いキットではある。しかもプラッツ公式キットのお約束と
して、そのまま組んでも劇中仕様にはならない。
スマキレベルの劇中仕様が欲しい!となると
e0006976_23592543.jpg

F/8後期型ヴィンダーケッテ。
これがかつて一番劇中仕様に近いと言われてた。
というのはガルパンの戦車CGがそりゃーもう

こんのクソアニメーターがなんちゅう設定にしやがんでぇ!クソが、めんどくせーじゃないか

というくらいいろんな型のごった煮状態なのだ。
カバさんⅢ突の設定が前がF型、後部エンジンデッキがF/8型。しかもこのキットには
プラウダ戦で使用した雪上用履帯ヴィンダーケッテのマジックトラックが付いてくるのだ。
しかしこのキット、2012年を最後に再販がかからず、オクでもプレ値アイテムとなっている。

しかしこの7月にドラゴンからF型最終生産型がリリース。
e0006976_072519.jpg

ドラゴンのキットの仕様として大量の余剰パーツがあるが、実はこのキット
スマキのG型→F/8型→F型と金型改修+と新規パーツを追加したキット
なのでF/8型のエンジンデッキのパーツが丸ごと入ってるのである。
つまりこのキットを使えば公式を使って面倒な改造をせずとも、プレ値のレアキットを
使わずともガルパン仕様Ⅲ突スマキ水準のものが出来ちゃうのだ。

と思ったがなかなかそうは簡単に行かなくて
このキットを使っても足らない箇所が大きく二つある
前照灯が入ってないのと左右フェンダーの前端がガルパン仕様に対して短いのだ。

その二つを改修するには公式キットをデカール目当てで安く買いパーツをスワップするか
e0006976_0164715.jpg

タミヤのⅢ突からパーツをギってくるかすればいいのであーる。

どっちにしろ殿様モデリングになるのは間違いないだろうな・・・・・

取り合えず道は見えた。あとは予算をどのように付けるかが一番の問題だがw
[PR]

by mapsmaps | 2015-09-01 00:20 | AFV | Comments(2)
2014年 11月 07日

陸上自衛隊機動戦闘車

アオシマから発売された1/72の機動戦闘車。前4輪がステアすると
車体がロールするギミックが気になりサクッと作ってみました。
単純なギミックですが組み立て中に何回もバラバラになり
ムキィーーーーー!となりました。特にギミックの要である
44番のパーツを間違って接着しがちなので気を付けましょう。

e0006976_1271923.jpg


塗装はパッケージの二色迷彩など全く無視してオリーブドラブ
の単色パステルぶっかけの簡単仕上げ。ディテールアップと
して0.3mmの真鍮線でアンテナを追加してみました。
e0006976_1281059.jpg

e0006976_1282673.jpg

手頃な大きさと少ないパーツ点数により1日もあれば完成まで
漕ぎ着けられます。キャラ性の薄さ故かモブメカとして1/72
のキャラモデルと並べても違和感が全くありませんw
e0006976_1285924.jpg

e0006976_1292634.jpg

e0006976_129518.jpg

[PR]

by mapsmaps | 2014-11-07 01:29 | AFV | Comments(2)
2014年 02月 04日

続・退色表現について考えてみる

前回に続きイタレリのMBウィリスだが・・・
ここで退色表現の前に汚し塗装、つまりウェザリングについて個人的観点から
語ってみる。

ウェザリング、英語にするとWeathering。つまり天候による汚れ、雨だれ、埃、
スス、錆び、砂埃、泥はね等の塗装による絵画的表現のこと。
広義的意味ではスミイレ、ウォッシング、ドライブラシ、フィルタリングも
含まれる(と思う)。最初にこれを定義したのはS・ペインだかバーリンデン
だかは忘れた。大昔に見たバーリンデンの作品集に衝撃を覚えたことは覚えて
いる。
e0006976_23485142.jpg


自分は仕事柄、重機や建機、そして外部に面した鉄の扉等をよく見る機会が
多い。実際に動く機械の汚れ方、そして風雨に晒された金属の退色とか劣化
を見る。そこでなぜ退色するかの理由について考えると、まず紫外線による
塗装表面の劣化、擦過による退色及び塗装表面の欠落、そこから始まる酸化
などなど。ウェザリングの要素が塗装表面に乗っていくのとは逆に塗装その
ものが劣化していくのが退色の理由だと考える。

e0006976_23494639.jpg


ウェザリングが絵画的手法なら退色表現はなんとしよう?
なら実際と同じように塗装表面を劣化させてみてはどうかと思いついた。

んでMBで試したみた。やり方は簡単。
下地にオキサイドレッドサフ基本色にオリーブドラブを塗り、乾燥後
スポンジヤスリで塗装面を軽く擦ってみた。すると塗装面は白く劣化し
場合によっては下地の赤サフが露出する。これは幾つかの色を重ねると
その擦過具合でいろいろできるのではないかという考えに思いついた。
e0006976_23514781.jpg


エッジや突起物をスポンジヤスリで擦って明るくすることをリアルドライブラシ
更に擦って下地色を露出させることをリアルチッピングと勝手に名付けようw

そしてこのテクニックをMAPS塗りと提唱しようと思うwww(塗ってないじゃん)

※これは当然オリジナルのテクではありません、パクリですwww

http://pikachiu.txt-nifty.com/wotaku_life/uchg/index.html

ここ見て思いつきましたw
[PR]

by mapsmaps | 2014-02-04 00:08 | AFV | Comments(0)
2014年 01月 22日

退色表現について考えてみる

前回のPガンが殆ど汚し塗装を施さない仕上げ方をしたというから
ではないけど、汚れた人生を歩む俺としては

汚してぇ!エナメルでドバドバにウォッシングしてぇ!
ハルレッドで錆色に染めてぇ!、デッキタンでドライブラシしてぇ!
バフで埃まみれにしてぇ!

と思ってたので積んでいるテキトーなキットをサクッと塗ってみた。
生贄はイタレリの1/24ウィリスMB

これっていつぞやのWFでミツワの1/20と一緒に¥2000位で買った奴
長い間積みタワーの下の方にありいーかげん箱が潰れかけてきたので
ここらで成仏させることにする。

このキット1983年発売の古いキットだが今でも¥2500前後で新品が
買えるのねん。イタレリ侮りがたしw
e0006976_25651.jpg

内容は最近ガンプラばっか作っていたせいかすごく手ごわく感じる。
ダボ穴なし、ガイドなしなんて当たり前。説明書もいーかげん。
仮組み無しで組むと必ずどっかが失敗するw
e0006976_253968.jpg


現にシャシーとボディの組み合わせに失敗しボンネットとグリルの隙間が
空きすぎた。でもいいのだ、これは塗装の試しなのだから。

とここまで書いてタイトルと内容がすでにかけ離れたことに気づいた。

                        つづく(つづくんかい!)
[PR]

by mapsmaps | 2014-01-22 02:05 | AFV | Comments(0)