ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ

2017年 09月 06日 ( 1 )


2017年 09月 06日

バンダイの技術力は世界一ィィィィィィィィィィ!

この10年のネット世界の進歩は凄まじいが、その進歩の牽引役の一つであろう
初音ミク。彼女がこの世に生まれ出でてから今年で10年になる。
それを記念してかどうかは知らんけど、バンダイのフィギュアライズバストの
第23弾として初音ミクがリリースされた。当初はガンダムSEEDのキラから
始まったこのシリーズ、マクロスΔやラブライブ、そしてビルドファイターズ
トライのふみな先輩を経てついにキラーコンテンツの初音ミクの登場ですよ、
奥さん。

初音ミクはイラストレーター、絵師、そして媒体によって全く違う描かれ方を
しており、TONY顔、DIVA顔、マジカルミライ顔、レーシングミク顔と色々
あるが今回はクリプトンが発売した音声合成ソフトのパッケージのKEI氏に
よって描かれた初期の顔がモチーフとなっている。

e0006976_22582415.jpg



ではランナーから見ていこう。全体のパーツはこれだけ、ほぼ色分けがなされており
腕のキーボードや服の裾などがシールで表現。ほぼパチ組で完成してしまうという
プラモというより組立て式フィギュアに近い。

e0006976_22585230.jpg



一番目を引くのはやはり1パーツで構成した顔のランナー、レイヤードインジェクションの
部分だろう。目はおろか眉毛まで組み込み済み。

e0006976_23021998.jpg



ちなみに裏側はこう。一体どうやって注形してんだろう。謎はつきませぬ。

e0006976_23023467.jpg



そして肌色部分、手の表情とか脇のくぼみとか微かな横乳とか、かつてこんな有機的な
プラモの部品があっただろうか?

e0006976_23003090.jpg



袖の部分もスライド金型多用であります。

e0006976_23015493.jpg



服のシワの表現が凄い、そして小振りなおっぱい!おっぱい!

e0006976_23005168.jpg



巨大なツインテール。

e0006976_23011307.jpg



髪とは微妙に異なる緑色のネクタイとか。

e0006976_23012601.jpg




たかがフィギュアの半身像とあなどるとなかれ。誰でも小一時間で塗装もせずにこれだけの
フィギュアが組みあがってしまうのだ、しかも¥1500程度のコストで。
いやー、これはびっくり。ふみな先輩の時も思ったけど恐るべしバンダイの技術力。

しかーしこのまま素組みパチ組みはなーんかバンダイにしてやられた感で一杯である。
モデラーたるものちょいと手を加えたい。さてどうすっか。



[PR]

by mapsmaps | 2017-09-06 23:36 | フィギュア | Comments(0)