ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 19日

B社スコープドッグその10

まぁなんだな、舌の根が乾かぬ内にというのはこういうコトを言うのだな。
つーことでボディ詰め敢行。

ボディの背骨にあたる部分(G24のパーツが差し込まれる部分)の両サイドから、でっぱり
をガイドにしてエッチングソーで丁寧に切り離す。床部はシートがはまるダボの外側の立上り
をガイドにして切断、前はセンターで二分割する。

三分割されたパーツは丁寧に切断面を整形し、ノギスで寸法を測りながら詰めてゆく。
おおよそ左右で1.5ミリの計3ミリの幅詰めをしてみた。

プラが結構柔らかいので切断自体は丁寧に行えば難しくはないのだが、これから背中の
パネル、腰の後ろパネル、腹部ハッチ、コクピットの調整、ハッチの幅詰めがあると思うと
あぁ!めんどくさっ!

e0006976_2431412.jpg

でももう戻れないのであった・・・・

後ろのは失敗した時に即時撤退するための・・・・もとい再チャレンジ用のスペアボディ。
[PR]

by mapsmaps | 2007-07-19 02:45 | スコープドッグ | Comments(2)
Commented by ボトムズ好き at 2007-07-19 12:52 x
オー!遂にメスをいれましたか。勇気ありますね。私は無理ですね。どうなるのでしょうかね。タカトミ(波)製は、幅詰めにためらいはないのですがね。完成体が楽しみになって来ました。ガンバ!
Commented by mapsmaps at 2007-07-19 21:25
人生何事もチャレンジです。実際にやってみて初めて解る事も多々ある
ってことですわ。失敗したって命まで取られないしね(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< B社スコープドッグその11      B社スコープドッグその9 >>