ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 18日

タミヤMM1/48で作る黒森峰重戦車②

でいきなり完成である。流石日本が誇る世界のタミヤだぜw
組むのも簡単、サックリと完成までもっていける。
というのは冗談だが、この極初期型(アフリカ仕様)のキットは
初期型のバリエーションキットであり、防盾、フェンダー、起動輪、
リヤフェンダーを上手いこと組み合すとほぼほぼ黒森峰仕様ができて
しまうのだ。ただ2004年の製品と言うこともあって、履帯の垂れ方
が若干リアルさに欠くのでそのあたりをクリアしたい。
e0006976_04382679.jpg


履帯にはAFVクラブのティーガーI初期型可動履帯を使用してみた。
可動履帯と言いながら可動は全く考えられていないのでドラゴンのマジック
トラックと同様に全コマを繋いでから流し込み接着剤を塗布し,完全に
固まる前に車体に巻いてしまい、乾燥後に転輪に接着固定してある。
社外品を使わずAランナーの1コマの履帯を繋いで垂れを表現する方法もある。

e0006976_04393810.jpg


塗装は越智氏の「越智塗り」を真似してみたが全く「越智塗り」になっていない(汗)

e0006976_04392669.jpg


ベースカラーにオキサイドレッドを塗ってから二段階に明度を上げた基本色を重ねて、
スミイレ、ピンウォッシュ、ドライブラシ、チッピングを行った。

e0006976_04391084.jpg

履帯の金属表現は2Bの鉛筆。

e0006976_04384297.jpg


サイドフェンダーの二枚目をカットして角度を付けて接着。

e0006976_04385894.jpg


スコップと斧はは車体上部に一体モールドされているので削り取って固定具と
スコップのカバーを自作して取り付け。あとライトコードを0.3ミリの真鍮線で
ディテールアップ。

e0006976_04395008.jpg


マフラーカバーの左側のC型クレビスだけは同スケールのヤークトティーガーから
流用している。工具箱のラックはプラ板で自作。

e0006976_04403200.jpg


アップにすると肉眼で分からなかったアラ良く分かるな~。

e0006976_04404567.jpg


砲塔をもう一輌分用意して、西住みほがかつて乗った217号車とのコンパチにしてみた。

e0006976_04405601.jpg


実はこのMM1/48シリーズ、Ⅳ号ラングとマウスがあれば黒森峰の決勝戦時の編成が
できてしまうという。
ということでタミヤさん、是非ラングは出してください(Ⅳ号のバリエーションだし)。

[PR]

by mapsmaps | 2017-06-18 04:44 | ガールズ&パンツァー | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< タミヤMM1/48で作る黒森峰...      タミヤMM1/48で作る黒森峰... >>