ゼントラの野郎はキルキルキル!サーチアーンドファッキーンデーストローイ!!

votoms.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 07日

戦車道全国大会三回戦 レッツゴーサンダース!⑥

計らずともいつの間にか3台同時進行中のM4A1

一番簡単かつ劇中のイメージを追うのであればやはりイタレリを
使うことだろう。
今回WFで中古屋からイタレリのM31のジャンクを買ってきた。
M31の車台パーツはM4A1共通、そこでパーツを見てみると・・・

ディテールが甘いんだけど、形がなんか変な感じなんだけど
流石劇中3DCGモデルの参考になったと言われるだけあって
すごくカコイイんだよね。しかしこれをパリッと仕上げるとなると
かなりの手間暇とコストを要する。キットも入手し易いとは言えないし。

そこで次に来るのがタミヤのM1スーパーシャーマン。
ローコストかつキットの入手しやすさからこれを選択する御仁も
多いことだろう。しかしイタレリの仕様がほぼ劇中車と一致しているのに
対しタミヤのは差異が多い。

そこんとこも追いながら、タミヤのスーパーシャーマンを劇中仕様に
してみる。

e0006976_0564552.jpg

e0006976_0572655.jpg


左がタミヤ、右がアスカの3個イチ
今回は下ハル、ボギー、転輪、起動輪、リアパネルをアスカから流用するので
下ハルをキットのままで使う人はここは省略してもおk。

タミヤのパーツとアスカのパーツは相性がよく小加工で上下ハルがピッタリ
収まると以前言ったけど、案外めんどくさい。

加工箇所は大きく分けて3ヶ所。
機関室の隔壁、スポンゾンの幅、そしてデフカバーの上のパーツ(ボルトが
一列に並んでる奴)と上ハルの取り合い。ここはタミヤとアスカで全く収まり
が違うので、もう現物合わせで削るしかない。あとスポンゾンの幅。
今回はフェンダー(サンドガード)を付けるのでスポンゾンはかなり削った。
とにかく何回も仮組みしながら干渉する箇所をひたすらに調整しまくる。

あとフェンダー。
ドラゴンの時、フェンダーを最後に回してドえらい失敗したので今回は
上ハルの工作前に取り付け、クリアランス調整をした。
タミヤのフェンダーは同社のM4無印から流用。しかーしこれが意外に曲者。
アスカの場合はほぼ加工無し付いたのだが、タミヤの場合はフェンダーの
幅が違ってたり、斜めの分割ラインが微妙に違ってたりで、加工を要す。
これもひたすらに現物合わせ。

で、やっとのことでフェンダーを接着したら、左右の水平が出ていない。
でもあわてないw
熱湯に10秒くらい浸してゆがみを矯正、すぐに冷水につけて冷やせば
ある程度はなんとかなる。
e0006976_1223094.jpg


上下ハルが出来てしまえばあとは早いはずなのだが
タミヤの場合は砲塔のハッチが違うのでまだまだ改造が続くのであった。
e0006976_1243194.jpg

[PR]

by mapsmaps | 2016-08-07 01:24 | ガールズ&パンツァー | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 戦車道全国大会三回戦 レッツゴ...      WF2016夏 >>