2016年 06月 04日

シャーマン地獄編

世の中にシャーマニアとかシャーマニストなんて言葉がある。
決して赤い人のファンではない。
二次大戦中のアメリカ戦車を代表するM4シャーマン、そのシャーマンに魅せられてその
ドツボに嵌った人々をそう呼ぶのだ。

5万輌以上も作られ、壊れにくく馬鹿でも簡単に扱える。戦いは数だよ、兄貴!を地で行く
アメリカの物量作戦を支えた傑作戦車。ドイツのⅣ号戦車がザクならば連合軍のM4シャーマン
はジムみたいなもんであろうか。量産性を最優先とし、異なる複数メーカーのエンジンを搭載する
ことを想定し設計され車台は大別すると5つのタイプに分かれる。それに搭載される砲や履帯、
サスペンションの種類、所属する国の軍隊や戦場、時期によって各個体は千差万別、全ての
バリエーションを網羅することは不可能とも言われている。
シャーマンの「闇」である。その闇は深くとても暗い。

シャーマニストどころか一般のAFVファンにも及ばないワタクシがその深淵をちょっくら覗いて
しまった、ガルパンという餌に釣られてw

ワタクシめが知っていたシャーマン像とは
鍋をひっくり返したようなズングリした砲塔、車台は溶接型と丸っこい鋳造型があること
あとイージーエイトというバリエーションがあること(ガンダムの影響)。ファイアフライは
英国発祥のバリエーションということくらい。

ガルパンに登場したサンダース大付属のシャーマンバリエーションは3種(厳密には4種)
それを再現する為にはどのメーカーのどのバリエーションを使えばいいのか調べているうちに

どっぷりとシャーマンの闇に飲まれてましたw

以下備忘録&方針

シャーマンM4(ケイ機)
e0006976_011688.jpg

所謂無印M4。キットはファインモールドから公式キットが発売されている。
中身は1980年代のタミヤ製にデカールを付属したもの。タミヤらしく作りやすいキットである。
アリサの言葉を借りれば「馬鹿でも簡単に作れるキット」なのかw
しかし他のガルパンキットの例に漏れず、このままではケイ機にならない。タミヤのキットは
M4初期型と謳いながらVVSSサスが後期型しか入っていない。初期型はドラゴンかアスカの
キットから持ってくるしかない。あとⅣ号の時も思ったのだが、この時代のタミヤのキットは
なんというか最大公約数的造形で尖がった所がない。なんかボンヤリしたイメージにしか映らない
のだ。足回りを他社製から持ってくるくらいなら最初からタミヤ以外、それも21世紀品質準拠の
キットを使いたい。そこで白羽の矢が立ったのは
e0006976_093093.jpg

サイバーホビー#6511シャーマンM4ノルマンディ
実はこのキット、まだ未入手でオークションで競り負けて以来、どこ探しても見つからない。
確かアキバのどこぞで店頭在庫があったと思ったがさてどこだったか?捜索を継続することにする。

シャーマンM4A1(アリサ機)
ガルパンシャーマンの最大の鬼門。厳密に言うと劇中のA1を再現できるキットはイタレリ、いや
ここは通ぶってイタラエリと呼ぶこととするw。そのイタラエリの古~~~いキットしかない。
e0006976_0175234.jpg

既に絶版ではあるがかなりの数が流通したらしくオークションでもよく見るので入手は可能では
ある。がががなんせ古いイタラエリ、そのパーツ構成やらモールドの甘さは時代を感じてしまう。
特に履帯は昔懐かしい焼き止め式、更に塗装も効き辛いとあればこれまた21世紀品質準拠の
ものをチョイスしたい。そこで使用するのは
e0006976_0274134.jpg

ドラゴン#6083シャーマンM4A1オペレーションコブラ。この4月に再販され入手も難しくない。
ただこのキットもアリサ機に必要なスポーク転輪、フェンダーが付属してないので他のキットから
持ってくるしかない。同じドラゴン系なら#6313シャーマンⅢあたりが中古で入手しやすいので
そこからパーツをギッてくるのはアリだろう。

意外なことに国内、いや世界で一番シャーマン愛に満ちたメーカーアスカモデリズムの製品群に
アリサ機を再現できるキットがないことだ。見る限りではM4A1後期(中期でも可?)にM4A3
(76W)の砲塔を組み合わせればそれっぽくなりそうだが、A1の車台の細部がいろいろと
違っているように思える。これは今後の研究待ちということで。

M4シャーマンVCファイアフライ(ナオミ機)
もうこれは一択しかない。
e0006976_0414369.jpg

タスカのVCファイアフライ。スポーク転輪、VVSS初期型ボギー、フェンダー、履帯、必要なものは
殆ど揃ってる。更にTV版→劇場版のCGモデル変更でTV版では他のシャーマンと共通だった
足回りのデータが一新され、実車同様300㎜車体が長くなったり、トラベリングロックの位置が
キットと同じ位置になったりと模型製作において都合が良くなっている。唯一足らないのは車台側面の
ハウスボートブラケット。これが実に資料がなく唯一ネットで見つけたのは下の画像
e0006976_0444371.jpg

史実ではファイアフライが戦場に現れたノルマンディ上陸作戦後は制空権を連合国が握って
おり偽装用のハウスボートブラケットは外されている個体が殆どだったらしい。
アハトゥンクや映像を見る限りそんなに複雑な形状ではないのでスクラッチするしかないだろう。
6コ同じものを作るのはメンドーではあるがw

さて手始めにどこから手を付けようか・・・・・
[PR]

by mapsmaps | 2016-06-04 00:54 | ガールズ&パンツァー


<< 続シャーマン地獄編      ガルパンのある週末 >>